「日の名残り」The Remains of the Day

満月の昨夜は千駄木で辛くない四川料理を食べました。

DSC_0246 (360x640)


満腹・ほろ酔いの帰宅途中、ノーベル文学賞発表の記事をスマホで見て興味を示したら、家人が持っているよと帰宅後2冊貸してくれました。

「私を離さないで」「日の名残り」の2冊でしたが、ブッカー賞受賞の「日の名残り」を先に読むことにしました。カズオ・イシグロは初めて読みます。

 遅くに読み始めたので夜中になってしまい、早く読み終わりたくて読み急いでしまいましたが、最後のページまで本を置くことはできませんでした。

 そして、読んでいる途中で止められない引き込まれる感じもよかったのですが、翌朝起きたら、読書中よりももっと物語が鮮明に立体的に立ち上ってくる感覚があったのには驚きました。また、偏った見方をしている一人称の主人公が語る物語なのに、彼の一方的な見方でない世界が認識できる多面性を備えていて、それも不思議な気分になりました。色々な要素が丁寧に構成されている魅力ある小説でした。

 読んでいる間だけ面白いような小説に飽きて読書から離れてしまっていたと思うのですが、この本は、物語に必要な要素が、本を読むことでに読者に提供されて、物語の完成は読者の中で熟成されるような、そんなふうに書かれている気がしました。

 久し振りに読書を楽しみました。もう一冊は昼間にじっくりと読んでみようと思います。


Green Juice

中々試せないでいましたが、プロが作っても美味しくないと分かったので、家でもGreen Juiceを作ってみました。

DSC_0227 (640x360)

Sky Highが出版している本を参考にキャベツ、きゅうり、ほうれん草、セロリ、パセリ、春菊、グレープフルーツ、りんごを刻んで愛用のジューサーに。葉野菜を入れるのは初めてなので、本当に搾れるのか心配でしたが、ゴリゴリと搾りだしてくれました。人参を搾るより、かえって葉物の方が得意なのかもしれません。

コールドプレスジュースは日持ちするというので、大きなボールに山盛り一杯の野菜で作って1300ccできました。

味は~(@_@;)

DSC_0228 (640x360)

私の場合、Green Juice は飲むとショックがきます。今回作ったものは、先日飲んだEssenntial1とは内容が違いますが、300cc 飲んでやっぱりショック。疲れがバーッとでる感じ。あと、おでこに蚊に刺されたような痒みがでます。今日は自宅だったので、たまらずに寝てしまいました。

 先日 Sky High で飲んだ時は寝るわけにはいかなかったですが、左脚の股関節がスコンと抜けて歩けなくなることが何回かあって、松栄堂まで歩くのがちょっと覚束なかったのでした。

 数種類の野菜を刻んでジューサーにかけるのに30~40分と中々時間もかかりました。Sky Highでは500㎖が一本2000円位なので、本日の結果は1300㎖=約5000円分でした。

 わざわざ時間をかけて疲れが出るジュースを作るのもどうかと思いますが、私は人参ジュースも最初はオエッとなりました(我が家では私だけ)。今では人参ジュースは大事な美味しい一杯になっているので、Green Juiceも飲み慣れると思います。たまには作ろうと思ったことでした。




青山さんぽ

 先日、なんだか秋らしい青空に誘われて、青山辺りを散歩に出ました。

DSC03094 (640x427)

 香りをお贈りしたい方があって、まずは初めて訪れる青山香房松栄堂へ。京都の老舗の青山店です。店内をみていると、その場で聞香体験が出来るらしい。昼過ぎなら可能ということだったので、予約だけしてまずはお昼へ。

 自作のジュースばかり飲んでいるので、人の作ったジュースも飲んでみようと、日本のジュースクレンズ(コールドプレスジュースだけ飲む断食で、デトックスしたりダイエットすること)の草分け、Sky Highに行きました。

DSC03095 (640x427)

 カフェというよりスタンドのような小さいお店で、小さな椅子が3~4脚。とはいえ、他に行く場所もないので窓際に座って500mlのエッセンシャル1を飲みました。

 普段飲んでいる人参りんごジュースに比べると、サラサラで甘みもありません。美味しい!満足!という感じではなく、これでお腹にたまるのかとちょっと不安になりました。でも、半分ほど飲んだら急に満腹感を覚え、その先はチビチビと飲みすすめました。

 そういえば、今夜は家の人々が夕食不要とそれぞれ言っていたのを思い出し、このまま1日プチ断食に入ることにしました。ここ数日少しずつ食べ過ぎていて、何となく胃が重いのです。

 その後、約束の時間に松栄堂に戻り、聞香体験。マンツーマンで教えてもらいました。

香炉 (640x427)

 奥の聞香炉は私がやったので、灰の状態が少し凸凹(^-^;
香木は沈香と白檀を聞かせて貰いました。両方とも1時間位は香りを変えながらいい香りを燻らせ続けていました。

 お贈りする線香を選び、自宅用には空薫用の香炉と炭団を求めて、青山散歩をお終いにしました。



 1日断食ですが、朝と昼がジュースだったので、夜は温かいものが食べたいです。バターナッツスクォッシュの豆乳スープにしました。温度と塩気ととろみが身体に力をくれます。熱を加えて壊れる要素もあるとは思いますが、懐石というくらいで、昔から温度はご馳走ですよね。これからの季節にはスープもいいなと思いました。
 翌朝は人参ジュースで、お昼に普通食にもどして今回のプチ断食終了。ちょっとスッキリしました。

 ところで。Sky Highのジュースは、美味しいという味ではなかったです。でも、今回の1日断食のあと、なにかがすごくスッキリしている。これはSky Highのジュースの効果だったのでしょうか。ジュース生活、奥が深いのかも。


 

カレーチキンサラダ

昨晩、あまりに美味しかったので、もいちど一人でじっくり食べたくなり再度。

DSC_0220 (640x360)

りんごとレーズンがカレー味といい感じに合います。この秋ハマりそう。ブログに書いてくれた方にお礼が言いたい。ありがとう~!

さてそれで。普段常備していないセロリ、夕べの分は使ってしまったので、改装開店したスーパーの様子を見がてら朝のうちに買い物に行ってきました。売り場が綺麗になっていたのと、セルフレジが導入されていました。

1,2,5と数字が書いてある赤い旗はセルフレジです。

DSC_0216 (640x360)

 この辺りでは、最初は1年ほど前に利用駅隣のスーパーにセルフレジが導入されて、初回はちょっとオロオロ。 

 テレビを観ていると、買ったものを入れたカゴを置くだけで、全部まとめて自動でスキャンしてくれる方式も実用化されているようなので、そのうちスキャンもセルフになるのでしょうね。

 となると、私が老人になる頃(遠くは無いですが)には、きっとスーパーの買い物では誰とも話すことはなくなります。今はまだ、値段を言われて支払うだけでも、人との緩~いコミュニケーションがありますが、それもなくなってしまう。買い物に出ても、機械にお金を払うだけで、家の冷蔵庫を開けるのと同じ。

 引きこもってばかりで社会性を失ってはいけないと、外に買い物にいっても寂しいままになりそうです。そしたら、用がなくても電車やバスに乗って、同じ車両に乗り合わせた人の気配を感じることで寂しさを紛らわせたりして。

 便利になればなるほど人の手がかからなくなって、社会生活との接点が無機質になる。都市生活でも老人になると、日常的なリアルの充実や社会性の維持が難しいことになりそうです。

バターナッツ・スクワッシュのポタージュ

 写真を撮る習慣をすっかり失ってしまっていて、またも写真なし。

 生活クラブのデポーに行ったら、バターナッツ・スクワッシュが売られていた。野菜が高い時期に1個198円とありがたい安さです。ひょうたん型のカボチャなんですが、見慣れないこともあってあまり売れないのかもしれない。ポタージュにすると、日本のカボチャよりもなめらか、もったりに出来がり、おいしいです。
 タマネギのみじん切りを炒めて、そこに、種を取って皮をむいたスクワッシュとヒタヒタの水、コンソメを入れて茹でる。スクワッシュが茹ったら、牛乳を1カップほど適当に加えてブレンダ―で切り混ぜて、塩コショウ。

 人様のブログで見たカレー味のりんごチキンサラダが美味しそうだったので作ってみました。りんご、きゅうり、セロリ、レーズン、蒸し鶏などをダイスに切って、カレーの壺(お気に入りのカレーの素)とマヨネーズ、塩で和えました。

 あと、ツナオムレツを作って、主食はパン。

 いつも和食が多いのですが、秋の夜長にサクッとこんな夕食もいいです。と目論んで作ったものの、家族がそれぞれ別々に遅めの帰宅だったので、私は長~く食卓にいることになってしまい「サクッ」とは程遠かった。


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク