FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の憂鬱

毎年2月は不調。

なんとなくずーっとそう感じてきましたが、最近はますます顕著です。長年、原因はわからないままでしたが、ふと、日に当たる時間が足りなくなるせいかも思い当たりました。

夏の終わりの秋分の日から日照時間が減り始めるので段々と陽に当たる時間が少なくなって、そのせいで不調になるピークが2月なのかもと思ったのです。例えば、ヨーロッパ人が夏に思い切り陽に当たるバカンスしますが(なんでまたわざわざ陽に当たるのかと思っていましたが)、一年単位でいいので、どこかで陽に当たって「太陽の恵み」を蓄積しておくのが大事なのかもしれません。

自分自身は直射日光の眩しさが得意ではなく、太陽は避けたい方。夏の暑さと眩しさは一番苦手で、冬ですらわざわざ日の当たらない側の歩道を歩く方でした。度付きのサングラスをあつらえ、昼間の外出は出来るだけ避け、外に出ると眩しい顔をするくらいで、まるで漫画にでてくるもぐらでした。ハワイに行った際には、どこを向いても太陽いっぱいで「どこにも日影がない」とメチャメチャ辛い気持ちになり、太平洋に浮かぶキラキラの島の中では「逃げ場がない」と追い詰められて、あまり行きたくない場所になってしまいました。

それでも、若い頃は、子育てや仕事など、自分の都合だけで太陽を避けては生活できず、あちこちである程度は日に当たっていたと思います。
 ところが、いまや自分で生活が組めるので、夜行性が進行しています。外出は夕方以降だし、自転車(ロードバイク)も辞めているので太陽にさらされるようなアクティビティは皆無。陽に当たらない人生を送っています。

そして、花粉症のせいで、春の花が咲き乱れる麗らかな最高に美しい季節は、ますます外に出ません。マスクをして目も防護して外出は避ける方向性。

こんな生活を何年か続けているせいで、2月の不調が増長しているのかも。

1月の下旬に今年初めての花粉を感じたのか、頭痛と体調不良に襲われた日が一回だけありました。ですが、今年、その他は花粉症の症状が非常に軽いです。天気予報で花粉の話題が出るようになってきた今でも、いまだに薬を飲まずにいます。これって、まさか朝ジュースのお陰?いやいや~などと思っていますが、いずれにしても花粉のせいで外出が出来ないという理由はなくなっています。

陽に当たらないと不調になるという思いつきを機会にして、ちょっと陽に当たる生活を心がけてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。