スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋

週末は有楽町経由上野でした。

有楽町・銀座エリアは再開発ブーム。2013年に歌舞伎座が新しくなり、2015年は三越、2016年が東急プラザ銀座、2017年は銀座シックスと、生まれ変わり中。でも、ブランドビルや百貨店など高級消費の館が多くてちょっと近寄りがたい(@_@;)

女子ランチ会で行った東急プラザ銀座は、有楽町方面からみるとこんな感じ。

数寄屋橋 (640x427)


散会後、上野に行って、会期最終日だった藝大美術館の「皇室の彩」と、東博の「フランス人間国宝展」を急ぎ足で観てきました。

「皇室の彩」は、100年前頃に皇室のお祝いごとの際に献上された日本の工芸品を一般向けに展示する企画。通常、献上品は宮殿などで飾られるので、一般の目に触れる機会はないそうです。この特別展のお陰で作品が観られて嬉しかったですが、どうも、なにか変な空気に包まれていて、リラックスできませんでした。皇室のしきたりというか、宮内庁の縛りというか、息がつまるような感じで、作品も緊張しているように思えました。

ということで、長居せず次へ移動。

フランス人間国宝展は、予習なしに行ったのですが、最初の部屋に入った途端に、部屋の中央の大テーブルに沢山の茶碗がディスプレイされていて息をのみました。陶器の名人、ジャン・ジレルの作品で、茶道で使う天目茶碗が、伏せたもの、伏せない物をリズミカルに配され、内側の見事な曜変のきらめきにライティングが当たって美しい。壁際には釉薬の重なりで風景を摸した陶器の桶が展示されていて、それぞれの落ち着いた遠い風景が温かいムードを醸し出していました。

他にも色々な分野の名人の作品が展示されていましたが、どれもアート。「メートル・ダール(Maître d’Art)」というフランスの人間国宝の作品で、繊細で緻密なデザインが感じられ、またアートのパワーが満ちていました。

とてもいい「気」が流れていて、いい刺激を沢山浴びて展示を後にしました。最終日だったのが残念でした。そして、宝くじが当たったら、欲しいもの沢山ありました(爆)

買おう、年末ジャンボ!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。