FC2ブログ

微生物部 ぬか床

今年は早く苗から植えたら、きゅうりの出来がすごくよさそうです。

買った苗を植えたばかりの頃に例の雹被害に遭いましたが、その後すくすくと新しい葉もでてツルも伸びて来ています。それだけではなく3本植えたうちの1つはもう2本もちびキュウリがなっています。

一緒の時期に植えた茄子の苗2本も順調で、花が咲き始めています。

きゅうりと茄子がわんさかなる前にぬか床を仕上げておかないと~!

ということで、我が家の精米機まいこちゃんの糠を取り出して、本年初のぬか床を仕込みました。ちょうど400gくらいあったので、水400ccを沸かして13%の塩を溶かしてさまし、ぬかに混ぜ混ぜしていきます。大根と人参とキャベツの切れ端を入れてジップロックにしまって閉じました。

例年は冷蔵庫保存でオッケーというぬかを買って仕込んでタッパーに入れて冷蔵庫の野菜室にしまうのですが、どうも余りうまくいきません。夏の間はちょこちょこと漬けて食べるのですが、秋になると忘れてしまったり、お正月用品で冷蔵庫のスペースが必要な時期に邪魔になり開けてみると悲しい事になっていたりと、なかなかぬか床の管理の出来ないやつなんです。

毎年繰り返す悲しい出来事に、今年は考えを変える事にしました。今、家の精米機で出来る糠で気軽に仕込む。タッパーは邪魔だからジップロックにする。夏にぬか漬けをひとしきり食べたら、こだわらずに秋には処分する。

これでどうでしょうね~。

微生物部の活動の中でもぬか漬けはかなり難しい部類だと思うんですよね~。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク