FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東博「運慶」x2

ここ一カ月のことですが、今年の東京国立博物館の特別展「運慶」に2回行ってきました。

運慶好きです。
展覧会があると観に行くし、お寺を訪ねた像もあるので、心の中で「また会ったね」とご挨拶。

今回は運慶のデビュー作といわれる「大日如来坐像」が展示されており「おぉ~、天才は最初から天才だ!」と感激。

奈良長岳寺の阿弥陀如来と両脇侍坐像にもとても惹かれて、行くたびに2周して二度観てしまいました。また運慶のお父さんの康慶の迫力ある像にも感銘を受け、こちらも2周の理由になりました。

2008年にクリスティーズにかけられて「すわ海外流出か」と危惧されたら真如苑が14億円(落札した三越の手数料込み)で購入したという「大日如来坐像」も展示されていました。数奇な運命をたどって来られたそうですが、どんな旅だったのか聞いてみたい。

高野山の八大童子立像は人気が出るにつれ?なのか、一人一人が別々にガラスのケースに入って、アイドルよろしくそれぞれスポットライトを浴びていました。私としては一堂に揃っている感じで観たかったです。

現存する運慶作、またはその可能性が高いという仏像は31体だそうです。今回の展覧会では22体が出陳されていて、今までの展覧会の中では最多ということ。思い出すと、また会いに行きたくなります。会期中なので、また行っちゃうかもね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。