スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶりのキムチ作り

明けましておめでとうございます。

ブログの更新は1年ぶりを越えていますが、改めて本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年末、福島でのこと。

一緒にキムチを作りたいと思っていた知り合いに道でバッタリ会いました。その話をすると、ちょうど今から韓国に帰国するところなので唐辛子を買ってくるとのこと。なんというグッドタイミング~!

三が日が明けた今日、早速一緒にキムチ作りに取りかかりました。

キムチは一回では出来ないので、今日はそれぞれが準備した材料の確認と白菜の塩漬けをしました。そして明日、水洗い、水切り、ヤンニョン作りと漬けこみをするという二日がかりの作業になりました。

今回の材料と手順などを記しておきます。分量は、友人がお母様から習って来た手の加減で作業を進めて、あとから重さを計って記録しました。

【塩漬けまで】

白菜4玉(中玉)11.4キロ ざっと洗って4つ割りにします。

キムチ1

水9リットルに天塩665g(7.3%)の塩水を作り、四つ割り白菜をよくくぐらせます。
それをバケツの中に、切り口を上向きにして置き、その都度上からあらたに塩を振ります。
この時はあまり日本では見かけない大粒の天日塩を使い、全部で390gほど。
白菜四つ割り2つに対して一掴み程度の量で、軸の方には多めに振ります。

白菜が11.4キロで、水9リットル、塩1キロ55グラムでした。塩分濃度は12%です。

キムチ2

軸が互い違いになるようにキツキツに詰めて、4玉でバケツ2つ(11号と15号)がいっぱいになりました。
水の分量はちょうどいいです。
使った塩水も二つのバケツに分けて注ぎ入れ、上から重しをしました。

キムチ3

韓国では重しはせずに塩漬けし、3~4時間で白菜の上下を入れ替えるそうです。
今回は重しをして、上下入れ替えは省略。様子を見て塩の入りが悪かったら追加の塩を振ります。

1時間もしないうちに水が上がって、いまや白菜はすっかり塩水に浸かっています。

明日の作業は、

・塩漬け白菜の水洗い
・水切り
・ヤンニョン(薬念)作り
・白菜に挟み込んで漬けこみ

です。楽しみだ~!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 1年ぶりのブログの更新、おめでとうございます!

ありがとうございますv-238

私も、久し振りにブログを書いて嬉しかったです。
それに、料理の分量はブログに書いておくとあとで参考に出来て便利なんです。

ぜひまたご一緒しましょう~!

1年ぶりのブログの更新、おめでとうございます!

キムチ作りに声をかけてくださり、ありがとうございます。
ごちそうしてくださったコ-ヒ-も美味しかったです!
今度は、材料も一緒にさがしましょう。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。