FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン4日目

オーボンパン夜

前回、ホステルに戻って、オーボンパンのスープとニューヨークピザで夕食にしたところまで書きました。

奥のスープはパンプキンです。旬のカボチャは甘くてほっくりして最高に美味しい。その上、生姜が使ってあり、味がとてもよく合っていました。手前はビスクです。エビの殻を使って香ばしい香り。それに、サルサと煮豆とライスをテークアウトしてメキシコのサラダ風に食べました。あとはニューヨークピザ2切れです。私はまだ控えめにしていたので、スープ半分とピザ一切れは翌日の朝食になりました。

翌朝は、全ての用事が無事に済んで、やっと手にした解放感~!

これはちょっとお買い物のタイミングですかね。私は骨がっちり体型で、日本の洋服の肩幅や華奢な作りがイマイチ合いません(要するに細すぎる(^-^;)。以前はよく、アメリカに来るとアウトレットやセールでぺティートのMサイズを買いだめしてました。今回は車がないのでT(ティー:ボストンの地下鉄)で行けるところを探して、ちょうど2014年の夏に開店したというアッセンブリローに行ってみることにしました。

ホステルからメーシーズまで歩き、セールの様子や値段をチョロ見してから、オレンジラインに乗りました。

オレンジライン

Tは郊外に出ると地上に出ます。上の写真はアッセンブリ駅に到着したところです。途中、大きな風力発電の風車や工場地帯が目に入りました。駅の周りは、何もなかったところにショッピングセンターの開発が進んでいる様子です。駅を降りて内陸側に歩くと、右側がアッセンブリロー。アメリカの普通の巨大アウトレットモールとは違ってチョロッと歩ける小振りなサイズ。でも、Offサックス5th(デパートのアウトレット)があるので、私的にはオッケーです。

アッセンブリロー

まずはランチで腹ごしらえ。
幾つかのレストランが入っていますが、また鼻を利かせて選んだお店がEARLS。

広い店内の一部はカウンターでスポーツバー風。この5~6倍ありそうなエリアがボックス席と丸テーブル席で、店内ほぼ満席です。

earlsbar.jpg

一応お約束だからと、ニューイングランドクラムチャウダーを頼んだところ、わぉ!!デリケートでサッパリして美味しいなんてもんじゃなりません!

私の知っているよくあるニューイングランドクラムチャウダーは、ダイスに切ったジャガイモたっぷりで、モッタリポッタリして、しょっぱくて、パサパサの塩味クラッカーを割って入れて我慢しながら食べ終わる、いわゆる「名物」だったのですが・・。

このお店、ただものじゃないですね。さっぱりしたスープ、野菜も沢山、浅利も沢山、ちょっと酸味をきかせて、スターターに幾らでも食べられます。このスープ、食べ終わりたくない、でも続きの料理も楽しみ~!といっきにハイテンションになりました。

下は、ブランチのメニューの中にあった2皿。手前はチョリゾーハッシュ。カリカリにローストしたジャガイモと粗びきハンバーグ、それに玉ねぎ、アボカド、豆。ポーチドエッグにソースが掛かっています。得も言われぬ美味しさでした。奥はフラッタータ。卵料理です。バジルソースに乗ったオムレツの上には春菊風のサラダが乗せてあり、こちらも何とも美味い。このお店の料理にはすっかりやられました。ぜひまた行きたいです。

EARLS_2015112012100679f.jpg

ということで、幸せな腹ごしらえをして、その後のショッピングに臨みましたとさ。

そして、夜は3度目のペナン。生姜リクエストのワンタンメンと変わらず。

実はこの夜がホステル最後の夜です。あちこち探したB&Bはポツンポツンとしか空きが無く諦めかけていたところ、日本人の方がやっているB&Bに最後の2晩を続きで泊れることになったのです。次の日は朝一番でまずは移動です。

下はホステルのロビーの様子。寒かった居室の気温はクレームした翌晩から上昇し、居心地は多少改善しました。それでも私はもう少しましな居住環境が欲しい。娘は全然平気と言っていましたが、私はせめて最後の2晩だけでも落ち着いて眠りたくて移動することにしたのでした。

HIBostonlobby_20151120121320e9c.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。