FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の温泉(玉子湯)

ボストンで食べたものの話が途中ですが、福島の温泉で箸休め。

福島は、市街地からほど近くに多くの温泉があります。飯坂温泉、高湯温泉、土湯温泉、岳(だけ)温泉、野地温泉、微温湯(ぬるゆ)温泉など。どの温泉地にも複数の温泉旅館があり、立ち寄り入湯を受け付けている所も多いのです。

ほど近いとはどのくらいかというと、飯坂温泉は福島から10キロ(電車あり)、高湯温泉や土湯温泉は約16キロ。野地温泉は30キロほどです。車だったら福島駅から30分で質のいい露天風呂に浸かれます~♨

中でも高湯温泉は薬湯として名高く、昔から宿は「鳴り物禁止=芸者さんなし」で、湯治場だった佇まい。時代遅れの遊興施設の多い場末の温泉街みたいな感じは全くありません。本降りの雨の日に高湯温泉の玉子湯に行ったのでその様子です。

立ち寄り湯は700円で、4階の大浴場と1階屋外の湯小屋、露天風呂2ヶ所に入れます。雨だったので露天風呂は写真だけ、湯小屋と大浴場に入りました。

高湯温泉のお湯は硫黄のにおいがして、酸性で少しぬめりがあります。温度はそんなに熱くなく、薄い青味がかった半透明の湯の中には湯の花が舞っています。人により好みがあるでしょうが、私はここのお湯はとても合う感じがします。

露天風呂その1ですが、その2も大体同じです。それぞれに簡単な脱衣所があり、そこから外にでて浸かります。

PB142253.jpg

湯小屋。こちらは中で男湯と女湯に分かれています。

PB142252.jpg

女湯の入口から縄のれんをくぐって入ります。間の仕切り板の向こう側が男湯で、湯船は繋がっていて湯の中は柵で仕切られています。板の下の湯の中に柵がうっすら写っています。

PB142265.jpg

源泉かけ流しの露天風呂には、蛇口はありません。石鹸もシャンプーなどもありません。湯船の周りに流し場があって、同じ場所に脱衣所があるのは、この辺りでは普通のような気がしてきました。

PB142266.jpg

館内の大浴場は、シャンプーリンスボディシャンプーを備え、新しいきれいな洗い場もあり、ドライヤーを備えた大きな脱衣所もあります。そちらも気持ちよかったですが、風情としては露天ぶろや湯小屋がいいですね。

玉子湯、隅々まで掃除の行き届いたいいお宿でした。立ち寄り湯の私たちもきちんとした客扱いをしてくれて、泊まるならこんな宿がいいと思ったことでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。