FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIBostonの朝食とペナンなど

ボストンは宿がとても高い。ホテルが一部屋5万円も7万円もします。円安で一層高いわけですが、あまりの値段に恐れをなして、初めてホステルに泊まってみることにしました。ファミリールームと4人部屋は、私が迷ったり考えたりしていた早い時期に予約でいっぱいになり、決心した時に予約出来たのは標準の6人部屋だけでした。

え~、ホステルの6人部屋ですが、今の円ドル換算だと一人一泊8,000円程度。部屋には二段ベッドが3つと、小さいけれどスーツケースが入るロッカーが6つあります。あとは壁に姿見1、ゴミ箱2です。同じフロアにシャワー/トイレ室がそれなりの数あります。誰とでも共用で、どこでも空いている所を使います。

到着したのが夜の8時過ぎだったので、チェックイン後、夕食は宿の近くにあったニューヨークピザ屋さんで食べました。お腹も減っていましたが、ピザはもちろん、サラダも美味しかったです。

IMG_0248.jpg

その夜は、ササッとシャワーを浴びて、足が伸ばせるだけでほっとして、二段ベッドの下の段に滑り込んで眠りにつきました。

時差のせいで、朝は早くに目が覚めます。朝というより真夜中に目覚めてしまいます。でも、ベッドの中以外いる場所もないので、朝食時間の7時まで我慢。ホステルは朝食付きです。

IMG_0696.jpg

ベーグルと食パン、クリームチーズ、ジャム、バター、甘いヨーグルト、シリアル、牛乳、コーヒー、紅茶、りんご。美味しいとかそういう事ではなく、朝から無料でさっさと食べられて便利です。でも、日本人としては料理された温かいものがないと何だか食べた気がしません。ちょっと何かお腹に入れたということで、早く出掛けてしまうのがよさそうです。

で、ひとしきり散策し、スタバに寄ってサラダやラテで一休み。その後用事を済ませ、あちこち歩きまわり、遅めランチの頃には腹ペコになっていました。たどり着いたのがチャイナタウンの、おいしそうだぞ、と鼻が利いたお店。隣のテーブルの人が食べていたエビとインゲンの炒めと、後ろのテーブルの人が食べていた牛肉の野菜炒め、メニューを見て選んだ太麺焼きそば?のような3品注文しました。ニンニクの香りや、甘辛い香りが店中に漂っていて食欲をそそります。料理が来るなりパクパク食べて、あっという間に食べ尽くしました。大満足。中華屋さんだと思い込んでいましたが、あとで有名なマレーシア料理の店だと分かりました。その名も「ペナン」。ホステルの直ぐ近くです。

IMG_0255.jpg

夕方はホールフーズに行きました。相変わらずの充実振りです。夕食用にパックになったサラダと量り売りの料理を買って、ホステルのキッチンで食べました。翌朝用に少し取り分けて、その分は名前を書いて冷蔵庫へ入れました。

IMG_0314.jpg

IMG_0315.jpg

初日から精力的に歩き回り、その晩は疲れ果ててベッドに倒れこみました。でも、寒い。部屋が寒いのです。部屋着の上にジャンパーを着込んで、ロッカーの上にあった毛布も掛けて、縮こまって寝りにつきました。

・・続く・・



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。