FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音の調度:幸阿弥長重工房

初音の調度は、室町時代以来幕府のお抱えの蒔絵師だった京都の幸阿弥家(こうあみけ)の十代、長重(ちょうじゅう)の工房で製作されたそうです。

発注した徳川家光が徳川幕府3代なのに、幸阿弥長重は10代ってことは、幸阿弥家の方がずっと古い。歴代の幕府に製品を納める伝統技術の家なんですね。

その技術もすごければ、技の伝承もすごい。そして、伝統というだけでは言い表せない職人のプライドと、売り込みと、生き残る強さというかしぶとさというか、別の要素も強いものを持っていたのでしょうね。

そして長重はプロデューサーとして、何人もの職人を抱えて沢山の工芸品を製作したそうです。京都は分業制と言われますが、昔からそうなんですね。何人もの職人がいなきゃ、初音の調度:精密精緻なあの作品、3年かけてとは言えあんなにたくさん製作できませんよね。それだって人間業とは思えない完成度なんですから。

ところで。同じ時代に同じ工房により製作された複数の櫃(ひつ)が、オランダ東インド会社によりヨーロッパに渡ったそうです。

多分数奇な運命をたどり(いい加減~('◇')ゞ、作られて以来370年位経った2012年にオークションにかかり、オランダのアムステルダム国立美術館が競り落として収蔵品としたとのこと。アムステルダム国立美術館のサイトではメンバー登録すると収蔵品の画像データをダウンロードさせてくれました。

櫃画像

こちらはネットで拾って来たイギリスのものらしい画像。大きさが分かります。

櫃3

競り落とされた値段は9億6千万円!

う~ん、初音の調度には値段なんかつかないでしょうが(なんせ国宝ですから)、あのようなお宝が数知れないほどある徳川家って、すごい~。

そして、下々も下々、道端の草っぱのような私なんぞが、天上人の方々のお道具を見ることが出来るような今の世の中ってすご~い。機会があればまた行こう、徳川美術館。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。