FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヌアのタブレ

お天気がやっとよくなりました。

お濠光と影

駿府城公園では、お濠の中で鯉がスイスイ、石垣にはツツジが咲き始めていました。

天候不順で野菜の出荷が少なくて、じまん市の棚も11時にはガランとしてしまいます。もう数日いいお天気が続けば、またいっぱい並ぶようになるでしょう。

そんな、野菜高騰、野菜不足の折ですが、マクロビのサラダを教わりました。キヌアのタブレです。

英語版Wikipediaによると、タブレはレバノン料理のパセリサラダのことらしいです。

アメリカにいる時、レバノン料理を食べる機会が案外あって、有り得ないほどたっぷりの刻みパセリ、ダイスに刻んだトマト、玉ねぎ、クスクスをオリーブオイルと塩、レモンで味つけしたサラダがありました。あれがタブレだったんですね。パセリ好きでないとちょっと食べにくいものでしたが、何回かのうちに食べ慣れました。

でも、フランスではクスクスを使ったサラダ全般をタブレというらしい。クスクスはパスタでキヌアは雑穀なので別物ですが、形状が似ているのでキヌアのサラダもタブレというらしいです。こんがらがってきた~(^^;)

ということで、キヌアを茹で戻し、春野菜と合わせてサラダに。

キヌアタブレ

塩とオリーブオイルで頂きました。新鮮野菜とキヌアのハーモニー、美味しかったです。

家で作るときは、レモン、おろしにんにく、ミントなども入れてパンチを効かせてみようと思います。あ、気温も上がってきたので、トマトとキュウリもダイスにして入れよっと。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。