FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からし菜 わさび菜

今シーズン、キムチ作りを教わってから作ること3度、合わせると出来上がりが14~15キロほどになりましたが、すべて食べてしまいました。なくなると食卓が寂しい~。

近いうちにオイキムチや水キムチにも挑戦してみようとは思いますが、白菜キムチは冬の定番になりそうです。次のシーズンまでにもっと内容を吟味して、益々美味しい白菜キムチが漬けられるようになりたいです。今回も毎回実験的に内容を変えてみましたが、からし菜についてはまずよかったと思っています。

それは2回目の時で、たまたまデパートで「からし菜」が入手できたのでした。

その時のからし菜は生でかじるとピリッとしてカラシというよりサワビ風味の京野菜でした。2株で600円くらいと高価でしたが、日持ちがよくて、2回目だけでなく3回目のキムチ作りまで使えました。味と歯応えがよかったので、来シーズンでもぜひ入れたいと思います。

で、昨日は「サワビ菜」をみつけたので買ってみました。見た目からして違うけど、どうなんでしょう。

わさび菜

一株はサラダで食べてみました。かすかに苦味があるような、でも味わいのある葉が好ましいものでした。

今日は、一株を1分ほど茹でて、洋風ナムルにしてみました。

わさび菜ナムル

韓国のナムルだとごま油と塩、おろしにんにくで和える、という感じですが、洋風にオリーブオイルと塩、黒胡椒で和えました。これも味が合う。柔らかくて旨し。

サラダだったら一株で二人分でもよかったけれど、茹でたらほんのちょっとになりました。残りの一株は炒めて食べてみます。因みにこちらは3株で160円ほどでした。

カテゴリー的には、サワビ菜はカラシ菜の変異種だそうです。わさびとは無関係で、見た目も似通ったところありません。キムチに入れるかというと、、、辛みもないし、柔らかい。新鮮なまま食べると美味しいけれど、キムチには向かない気がします。

来シーズンまでに、京野菜のからし菜?かなにか、キムチ用のからし菜の入手方法を確保したいです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。