FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都現代美術館@清澄白河

桜満開の清澄白河の東京都現代美術館に行ってきました。

現美ホール

開催中の「ガブリエル・オロスコ展」は撮影可能ということで、カメラを持って行ったのです。

オロスコは、1962年メキシコ生まれの現代美術のアーティスト。日本ではまだあまり知られていないようです。

一人乗り車

これは代表作のひとつだそうですが、縦に二人乗りのシトロエン。タイトルは「La DS」。

もともと車って人の顔に見えますが、こうやって真ん中を切り取ってつなげたらますます顔っぽい。こんな、絵本に出てきそうな乗り物が現実にあると、自分が絵本に入り込んだような気分になります。

カーネリアン(珊瑚色)の色も存在感を強めていました。この車幅だったら、世田谷に多くある細くて曲がりくねった蛇道もすごいスピードで通れそう。今夜は愛嬌ある顔をしたこの車に乗り込んで、夢の中でどこかに向かって疾走したい、な~んて。

他にも印象に残る写真や作品が沢山ありました。

昼時間をだいぶ過ぎてから、地下のレストランでランチ。Content Restaurantと書いてコントンレストランと読むそうです。それ読みでは英語じゃないからフランス語か?と調べたら当たりで、意味は「喜び」らしいです。英語ならJoyですね。

野菜定食~。

現美ランチプレート

春野菜のグリルは、ふきのとう、うど、芽キャベツ、赤かぶ、竹の子、菜の花、ヤングコーン、トマトなど。奥はサラダ。それにトマトスープがつきました。野菜はどれも味が濃くて、実力充分でした。

五穀米を選びましたが、あとで聞いたらパンが自家製だそうで、そっちもよかったなぁ。土日はベーカリーコーナーもあるとのこと。

楽しかった1日の一部でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。