FC2ブログ

今が昔、昔が今?


谷中墓地のさくら通りを通りました。さくらはまだです。

桜通り

横山大観、渋沢栄一、中村仲蔵、ほか世に知られた名前の方々の墓があり、また隣接する寛永寺墓地には広い敷地の徳川慶喜の墓もあります。墓地ファンというか、私設墓地ガイドの方々がおられて、以前通りかかった時には詳しい解説と墓地の案内図まで頂いたことがあります。

その方に聞いた話ですが、大奥があった頃のこと、城外に出ることの出来ない身分の高い女性たちも、墓参りという口実があれば問題なかったそうです。それで、墓参りに行くと言って外出して、墓に備える花を買うために墓所そばのお花屋やさんに入って休んだりされたとか。

谷中墓地花や

ここでも、墓地の入り口に何軒かの花屋さんや、水桶を貸してもらえるお店などが並んでいます。

谷中墓地花や2

で、先ほどの続きですが、それは表向きの大変よろしい口実で、実は墓地のお花屋さんはみんな2階建てだとか。なぜなら、そのような方々がこっそり2階で逢引きしていたからいう話を、まことしやかに教えて頂きました。

そんな話を聞いて、そんな場所にいると、その頃の女性たちの息づかいが聞こえる気がします。御高祖頭巾でも被って人目を避けたのか、それとも女性は堂々と表から入ってイロの方が裏口から入ったのか。

今の時代でも、変装してデートする芸能人もいれば、隠れもせずに不倫デートして国会で謝る羽目になる人がいます。いつの時代も恋は色々大変。そう思うと、江戸時代もほんのつい先ごろですね。

そうだっ、今夜は寝る前に久し振りに杉浦日向子さまを読もうっと。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク