FC2ブログ

サンフランシスコベイの日蝕

ただいまです。火曜日に帰国しました。

アメリカには行く時の方が時差への適応が大変で、帰国の方が楽だと感じはするのですが、帰国後2日経っても未だに昼間眠いのと頭がボンヤリして困ります(いつも通り?)。

前半は幾つかの用事の処理に駆けずり回って半分は達成、出来なかった分については検討事項や準備書類が判明したという感じです。とりあえず今回はそれで十分。そして、後半は友人が加わってお遊び中心になりました。

で、急に飛んで最後の日なんですが、日蝕を観たのでその事から書きたいと思います。

2012-05-21 10.28

バークレーの街から坂道を車で上がって行くと列が出来ていましたが、ゆるゆると進んでローレンス研究所辺りで車を停めました。既に多くの人達が登って来ていて、ちょっとしたお祭り状態です。ビルの屋上に人が鈴なりになっているの分りますか?早い時間に日蝕サングラスを無料で配布したとのことで、みんなお揃いの日蝕グラスを持っていて貸してくれました。

2012-05-21 10.40

そしてこれはスマホで直接撮った画像です。赤いボンヤリしたリフレクションの中に欠けた三日月のような太陽の影が写っています。ブログにアップしようと画質を下げたのでちょっと分らないかもしれません。後でまた分るような写真がアップロード出来るか試してみます。

ということで、日蝕の観に来た人々で左手に見える研究所の屋上も、写真には写っていない後ろ側のもう1つ高い所のビルの屋上も鈴なりになっていました。サンフランシスコの立ち並ぶビル群、ゴールデンゲートブリッジもベイブリッジも丸見えの快晴で、本当に日蝕日和だったことでした。

2012-05-21 10.26

午後6時半過ぎてもこの明るさ。この時期のベイエリアは9時までは昼間のように明るく、1年の中でも最も日の長いシーズンです。9時頃になると急に日が落ちて暗くなるのでした。

メディアなどでは余り事前のニュースにはなっておらず一般的な盛り上がりに欠けていると思っていたけど、この夜のニュースと特に翌朝のニュースでは、各局が日蝕の映像を流していました。テレビで観る日蝕もきれいでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク