FC2ブログ

馥郁たる梅の香り

馥郁(ふくいく)たる梅の香り。

広辞苑によると「いい香りが漂っているさま」。中国語でも同じ意味で、読みが「フ―ユー」だそうです。

先日の白梅はまさしくそれでした。
梅花香自苦寒来(梅の花の香りは厳しい寒さから生まれるもの)という漢詩のとおり、このところ本当に冷え込みが厳しいので、いっそう香りがたっているのかもしれません。

中国では、竹、梅、蘭、菊の4種類を草木の中でもっとも高貴なものとして四君子(しくんし)と尊びます。日本でも、着物や茶道具などの模様で四君子と言えばこの4種、または幾つかでも四君子柄と呼びます。花の何もない冬に一番に花を咲かす梅は、秋の菊と対比させて「花の兄」と言われることも。

ほかに別名は、

「此花」 このはな
「好文木」 こうぶんぼく
「春告草」 はるつげぐさ
「君子香」 くんしこう
「風待花」 かぜまちばな
「匂花」 においばな
「未開紅」 みかいこう

まだまだあります・・・。梅は、古今東西、歌になり、物語に語られ、愛でられ、香り、食用にされ、薬にされ、人の心を楽しませ、慰めて、助けて来たんですね~。呼び名が色々あるのも納得です。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク