FC2ブログ

ホットフラッシュ

【アップロードをし忘れていた10月中旬のブログ】

しばらく忘れていたのですが、夏辺りからまたホットフラッシュが戻ってきてしまいました。珈琲など熱いものを飲んだりするともうテキメンだし、そうでなくても急に手の甲から、腕から、額からうわーっと玉の汗が噴き出してきます。そして頭がぼーっとして気持ちがフワフワしてしまいます。

気にしないようにしようとは思うのですが、あまりに上の空な気分になるので、ばたりと横になって時間をやり過ごす様にしています。こんなことが日に何度もあり、以前より頻度も含めて重症。

しばらくは我慢した珈琲や紅茶も、秋の声が聞こえてくると飲みたいし、どうせ飲まなくても来るのだからと飲んではそのたびに汗だくになったり。ホットフラッシュに支配されて生活しています。

気分は全体的に低めです。そして、積極性に欠け、決断力がなく、集中力に欠け、物事が進められない感じ。自分としては前向きに攻めて行きたいのですが、現実はまったくどうにも正反対です。でも、それもあまり気にならないというか、仕方ないと諦めてる感じ。自分を奮い立たせようと追い詰めたり追い立てたりしても効き目がなさそうで、今の自分は役立たずでいいやと諦め気分です。

若い頃なら、どうにかして現実に立ち向かったと思いますが、今のささやかに恵まれた環境のお蔭か年齢のせいか、無理をしないであるがままでいいやと、戦意喪失してぼんやりの池でぽかりぽかりと浮かんでいます。いったいこの後どうなるのでしょうか。

娘は年を取ると母に似るといいますが、それも生きた母の様子を知ればこそ。私は母を早く亡くし、今の自分より年上の母を知りません。そのせいか、中年以降の女性の生き方をリアルにイメージ出来ないでいます。母の代わりになる年上の女性のアイドルを見つけて、まだ30年位元気に生きる計画が立てられるといいのにと思います。そうすれば更年期後の自分を考えて、もう少し現実的かつ前向きになれる気もします。

それでも、音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を観たり、そこからいい刺激があったりすると、なにかとても憧れるような空気感に包まれることもあります。いつものぼんやりした灰色と違って、その時はきれいに澄んだ明るい色の空気に包まれてとてもいい気持です。ですが折角の夢見る気分も、年のせいかあっという間に霧と散ってしまいます。若いころはそんな空気にずっと包まれていたと思うのですが。

幸せの条件とは、アイドルや感動からくるこの夢のような気分、憧れる気持ちをちょっとでも長く持てる才能にかかっているのかもしれません。そして今の私ならば、更年期後の自分に夢を抱いたり期待を持って、今もそれに向かって生きていると感じられるのがいいのですけど。

毎日の生活では、どうにか自転車漕いだりなにやらかにやら、色々とやってはいるのですが、自分としてはそういうのも今ひとつ実感がないというか。しょうもない繰り言ですね・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク