FC2ブログ

阿倍峠はバリケード

お盆休み手前に静岡の自転車屋さんでコンポをアルテグラ6800(ロングゲージ32T)に換えました。

日本平サイクリングがシェイクダウンだったのですが、10キロ程走ると、フロントをアウターギアにするとチェーンとフロントディレーラが干渉してしまいシャカシャカいいます。インナーギアでも重いギアだと同じ現象。インナー縛りで軽いギアでクルクル回して乗って来て、後ほど自転車屋さんで調整してもらいました。初期のワイアー伸びとのこと。

さて、それで仕切り直して2度目のサイクリングは阿倍峠にしました。

阿倍峠は静岡県と山梨県の県境にあり標高1400m。安倍川河口から続く阿倍街道の突き当たりの梅ヶ島温泉(標高900m)から林道豊岡梅ヶ島線を8キロ程登った所になります。豊岡梅ヶ島線が崩落のため2年程通行止めになっていたのが、今年になって静岡側だけは通れると聞き行ってみました。ルートラボはこちら。静岡市街からは約50キロです。

安倍峠行き

行きは安倍川の右岸の道を行きました。遠く見える山々を見上げて阿倍峠はどれかなぁ〜などと思って走ります。

途中で左岸の阿倍街道に入りますが、阿倍街道も安倍川を渡ったり戻ったり。
安倍街道橋の上

ほんの20~30キロほど走っただけでもう山の向こうに来てしまいました。橋の上から川の下流を見て撮った写真です。スカッと晴れた青空の下、気持ちよく走ります。

以前車で行った有東木への登り口も、今日はそのままスルー。そしてコンヤ温泉の手前になって坂が急になって来ました。キツメの坂を登って温泉街?らしき所にさしかかりますが、水を買いたいのに自販機がない。少し先の学生が合宿をしているテニスコートの脇に自販機を見つけ水の補給を兼ねて小休止。コンヤ温泉過ぎた後は坂も急になり10%以上になる事もしばしば。じっくり登ります。3%の坂は休憩に思えて来ます。

梅ヶ島温泉に手前で坂がもっと急になり、特に温泉手前のドーナツスタンプのコンクリート道がちょっと大変。ほどなく梅ヶ島温泉に到着。
梅が島温泉

茶屋

梅ヶ島温泉の突き当たりの茶屋、湯元屋はおでんが名物らしいですが、お腹が減っていたので椎茸うどん注文。本当はおむすびとかお米が食べたいのに、コンビニもおむすびもありませんでした。

湯元や

腹ごしらえして、いよいよ林道に入ります。坂は激坂になってきますが、こんな看板が出ていたので峠まで行く気満々。

梅が島線通行可

少し行くと左手に滝があります。その名も鯉ヶ滝(恋敵)。看板に書いてある物語をひとしきり読んで、う〜ん、嫉妬と悲恋の物語があったのね〜と感心。有東木の山葵の苗持ち出し事件といい、このあたりには浄瑠璃風の物語があるなぁ。

そのうち出て来た通行止めは、最初の「通行可」の看板を信用してそのまま通過。

通行止め

たった一人で車も通らない山道を登ります。聞いてる人が誰もいないので「頑張れー」とか「終わらない坂はない〜!」とか「ヤッフ〜ッ!」とか適当な事を叫んでいると気持ちがいい。やはり、登り坂は喋るか叫ぶかしていると調子がいい私です。

安倍街道とは違い、この林道11~14%の坂が続きます。最初に14%になった時にはバランスが分らず自転車は前輪があがってウィリー状態。あせっ!!

2カ所程道路工事の箇所があったのでご挨拶。「この上まで行けますか?」「道は通っているから自転車なら行けるよ。トイレの先にバリケードがあるからそこまで」道に落ちている沢山の落石を避けながら、じっくりじっくり登ります。ここにくると6%の坂が休憩に思えて来ます。

見下ろす

見下ろすと、本当に山深い高い所に来ているのが分ります。立ち枯れた木があったり、何となく風景が変わって来ている。そして、左手に小さいログハウスのようなトイレを見て右に登ると、

わ〜、、バリケードだ〜。

バリケード

ここを突破するのはいかんですね。バリケードの脇をすり抜けて、ちょっと歩きで進んで見ましたが、振り返ると凄い事になってる。

安倍峠雲

雲がモクモクと凄い勢いで覆いかぶさって来ています。そういえばついさっきまで青空だったのに、急に曇ってる。ドライアイスの煙が落ちて来るようにモクモク湧いて迫って来ます。いや〜、こわ〜。早く降りなくちゃ。

下り道、結構急です。こんな急な坂、よく登ったわと我ながら感心します。登る時より一層注意深く落石を避け、コースを選びながら慎重に降りますが、雲に追われるしポツポツくるし。焦らず急げ、です。

林道を降りて梅ヶ島温泉の湯元屋でシロクマアイス食べます。行きに寄ったとき、おまわりさんが湯元屋で「今日は一人?」とか聞いていたのですが(多分自転車を見て)、それは林道に入る人数を確認しているとのこと。なので、戻った事を知らせる意味もあって寄りました。急いでアイスを食べて、後は転がるように降りて行きます。まだ雲が追ってくる気がする。

でもぉ、本日も最初の10キロ以降、フロントのアウターが使えません。前回と同じチェーンとフロントディレーラの干渉です。今日もインナー縛りなので、下り道が辛い。

ある程度下ったら雲からは逃れて晴れたけど、今度は灼熱地獄。だんだん吐く息が熱くなって、ぼーぼーと火を吐いている気分。美味しいと聞いた手作りのわさび漬けの店に寄って、ついでにお水一杯所望。水を幾ら飲んでも足りません。

山葵小沢

大分降りてコンビニが出て来たのでガリガリ君休憩で一瞬冷やします。そして無事に街まで帰ってボーボーと火を吐きながら自転車屋さんに寄って「直ってないじゃん、インナー縛りで大変だった!」とその勢いで文句を言ったらしいです。その辺りは暑くて記憶にありません。

バリケードに阻まれて安倍峠まであと500m、標高1449mまで行って来た105キロのサイクリングでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク