FC2ブログ

初ブルベ!

昨日は、初めてのブルベに参加しました。入間市から小田原まで行って帰ってくる200キロのコースです。

土曜日の寒さと強風には驚きましたが、幸運にも日曜日は風がやみ天気に恵まれました。

朝、入間市の河川敷から出走して、狭山丘陵を越え、高雄、津久井、厚木と下って大磯から小田原。初めてのブルベという事で緊張して調子が出ません。それに、子供みたいですが、知らない人が一緒に走っているのもなにか違和感。それでも、行きはどうにか小田原のチェックポイントまで辿り着いてコンビニランチ。

小田原城1

帰り道は大変でした。途中までは同じ道を帰り、途中から宮が瀬湖方面に別れます。そして、宮ヶ瀬湖に登る坂と半原の坂でヨレヨレになり、その後段々と日が暮れて真っ暗な道をライトで照らしながら走ります。町田街道、秋川街道では、飢えと寒さで力が入りません。トンネルの中を通る時だけ暖かかった。。。

そして、ついに寒さで腕がしびれてハンドルが握れなくなり、武蔵五日市で緊急休憩。気温が零下の空の下、道の脇の何でもない駐車場に入り、倒れ込みました。補給食をむさぼり、ウィンドブレーカーを着込み、サーモに入れた温かい水を飲み干し、また補給食をむさぼり、と、死にかけた原始人状態になりました。でも、一口、一口、と食べる度に体温が上がる様に身体が温まり、脳が機能し始め、腕の痺れもとれて、あぁ、食べるって大切!

これがいわゆるハンガーノックという状態だったんでしょうか。

あとで、お腹が減らなくても定期的に走りながら補給をする事が大切ということと、行きの途中で調子が良かった時に調子に乗って足を使い過ぎて、後が大変になったんじゃないかとペース配分の重要性を指摘されました。なるほど。「いつも楽しく頑張って走る」というような曖昧な自転車乗りだったので「ペース配分」という言葉を聞いてがーんとショックを受けたのでした。

その後、最後のチェックポイントで身体を温め、コンビニ飯をあれやこれや詰め込んで、なんとか人として機能回復。その後も入間までは一山あったのですが、どうにか越えて、無事に完走する事が出来ました。

小田原城2

一人では出来ない事を可能にしてくれた同行の二人には感謝の言葉しかありません。

なお、時間は12時間34分でした。規定が13時間半以内に走るということなので、なんと!私的には1時間も余ったという快挙だったのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます

ありがとうございま〜す。
自分で200キロも走ったなんて実感が沸きません。

この日は7時出走と8時出走合わせて150人の定員。未出走だった方々もいるようですが、出走した人は全員完走だったとのこと。たったひとりの落ちこぼれにならないで良かった〜!

おめでとうございます!

初ブルベ、完走おめでとうございます!
寒かったので心配しておりましたがご無事で何よりです。
無理をしすぎず楽しく頑張ってくださいね〜
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク