FC2ブログ

カロチーノ石けんその2

カロチーノ石けん、仕込んだ翌日は昼間外出していたので、夜になってカットして熟成に入りました。

DSC_0284 (360x640)

今回、ゆるめのトレースで型入れしたので、何となく心配でした。季節よりかなり寒い日だったこともあり、発泡スチロールの箱に入れた上、お湯を入れたボトルを一緒に入れて保温しました。仕込んだ石けんは長時間温かくなっていましたが、ジェル化するには至りませんでした。翌日には硬くなってカット出来たので普通にオッケーです。

カオリンを入れて白オレンジとオレンジのマーブル想定でしたが、カオリンの分量が少なくて、残念ながらはっきりした模様が出ませんでした。仕方なし。

11月中旬には使い始めることが出来ると思います。

人用の石けんを引き続きもう2バッチ仕込みたいと思っています。紅花オイルの紅花入り石けんと、リッチに椿油石けんかな。他に、オイルの整理も兼ねて、キッチン用洗浄力優先石けんも作りたい。

4年間に渡る2週間ごとの遊牧民ライフはそれはそれで楽しみましたが、少し落ち着いてみると石けん作りなどお留守になっていたことも色々あります。そんなあれこれのリズムも取り戻さなくてはと思いつつ、また漂泊の思いに捕われたり。

う~ん、遊牧民、一度やったら、もう元には戻れないのかしらん?!?


スポンサーサイト



サントリー美術館「狩野元信」

今月は美術館に行く機会が多いです。

先日、ザーザー降りの雨の中、狩野元信展を観に行ってきました。

DSC_0277 (640x360)

元信は、室町幕府の御用絵師集団狩野派の2代目です。中国絵画を規範とした漢画絵師の初代狩野正信を継ぎ、やまと絵にも分野を拡げ、狩野派を組織として大きく飛躍させました。狩野派は専門化集団として400年も繁栄したそうです。すごい人なのね。

しか~し、このところ、活き活きしている運慶を観たり、躍動感がありその上緻密な若冲を観ていた眼には、ここでの動植物の絵はどうも寂しい。動きもなく、描き込みも疎で、ぐっと来るものがなくて、う~ん。

でも、水墨図になってくるといいなぁと思い始めて、最終的にはそれなりに満足して展覧会を後にしました。滝が真っ直ぐに水を落とし、滝つぼでは丸々と盛り上がったデザイン的な動きになっているのも興味深かったし、ボストン美術館から来ていた白衣観音図もよかったです。

漢画については、故事を元に描かれているものも多く、故事を知っていたらより面白く観られるのにと己の浅学が残念でした(音声ガイド借りたらよかったのかも)。

Kano_White-robed_Kannon,_Bodhisattva_of_Compassion



それにしても、雨降りでした。

DSC_0283 (360x640)

一階にあったスタバがコナミの路面側に移転していたことに気が付かず、新しく入ったルパンコティディアンというパン屋さんで一休みして家路に着きました。

次にミッドタウンに行ったら、『国内のスターバックスの中で“最高峰のコーヒー体験”を叶える店舗として、「空間」「商品」「サービス」のいずれをも、いま可能となる最も優れたかたちで取り揃え、リニューアルオープン』したという、移転後のスタバで珈琲飲んでみようと思います。

東博「運慶」x2

ここ一カ月のことですが、今年の東京国立博物館の特別展「運慶」に2回行ってきました。

運慶好きです。
展覧会があると観に行くし、お寺を訪ねた像もあるので、心の中で「また会ったね」とご挨拶。

今回は運慶のデビュー作といわれる「大日如来坐像」が展示されており「おぉ~、天才は最初から天才だ!」と感激。

奈良長岳寺の阿弥陀如来と両脇侍坐像にもとても惹かれて、行くたびに2周して二度観てしまいました。また運慶のお父さんの康慶の迫力ある像にも感銘を受け、こちらも2周の理由になりました。

2008年にクリスティーズにかけられて「すわ海外流出か」と危惧されたら真如苑が14億円(落札した三越の手数料込み)で購入したという「大日如来坐像」も展示されていました。数奇な運命をたどって来られたそうですが、どんな旅だったのか聞いてみたい。

高野山の八大童子立像は人気が出るにつれ?なのか、一人一人が別々にガラスのケースに入って、アイドルよろしくそれぞれスポットライトを浴びていました。私としては一堂に揃っている感じで観たかったです。

現存する運慶作、またはその可能性が高いという仏像は31体だそうです。今回の展覧会では22体が出陳されていて、今までの展覧会の中では最多ということ。思い出すと、また会いに行きたくなります。会期中なので、また行っちゃうかもね。



カロチーノせっけん

3年振りにせっけん仕込みました。

DSC_0273 (640x360)

3年振りとなるとあれやこれや準備に1週間もかかって、やっと今朝仕込むことが出来ました。

使っていないカロチーノオイルの500㎖があったので、それを中心に組み立て。冷蔵庫の片隅にあったシアバターも季節柄ちょうどいいので全部使いました。

【1200gバッチ】
オリーブオイル(ポマス)40%
カロチーノ 30%
ココナッツオイル 20%
キャスターオイル 10%

+ウルトラ精製シアバター 43g

NAOH 10%discount
水 30%

カオリン 大さじ1(1/3に混ぜてマーブル)
蜂蜜 小さじ1
精油(オレンジスイート、リッツァクベバ、ラベンダー)
10/18/2017

今日は時間制限があったので、不可逆ポイントを過ぎればいいやとトレースが甘めのまま仕込み。それで2段のツートンにしようと思っていたのが、上の段を注いだら下の段に混ざってしまい、マーブルで誤魔化しました。

今は色の違いが殆ど分かりませんが、1/3に混ぜたカオリンで白っぽいマーブルが出てくる予定です。

明日カットして1ヶ月熟成させます。お部屋はいい香りです。

オートミールクッキー 我が家的標準版(暫定)

常用になって、作る量が大体決まってきました。

1)オートミール 240g
  全粒粉 110g
  塩 小さじ 1.5
  シナモン小さじ 2
  オリーブオイル 大さじ 5

2)ナッツ類 150g
  ごま 30g
  ドライクランベリー 120g
  レーズン 60g
  メープルシロップ 大さじ 3
3)牛乳 大さじ6

ナッツ類は、アーモンド70g、カシューナッツ50g、カボチャの種15g、松の実15gなど。アーモンド、カシューナッツは包丁でザクザクと刻みます。カボチャの種と松の実も軽く刻み、胡麻も合わせて一緒にしておきます。
ドライクランベリーは、他にカシス、チェリー、ブルーベリーを合わせた4種のものを使っています。包丁でザクザクと刻みます。

オートミールは粉砕しておきます。

最初に1)を計り、ボールに入れ、よく混ぜる。指先でスリスリしたり、手のひらですったりして、オイルをまんべんなくいきわたらせる。
次にナッツとドライフルーツを入れ、メープルシロップを入れてよく混ぜる。
最後に牛乳を入れて混ぜて、1分ほどおくとしっとりする。

DSC_0268 (640x360)

小さくとって丸める。

DSC_0270 (640x360)

予熱したオーブンで170度で29分。25分でも30分でもよさそうですが、何となく。

DSC_0271 (640x360)

ひとつ13~15gくらいで出来上がっています。
カロリー計算したところ、1個あたり61キロカロリーくらい。色々な栄養素が含まれていて、食べておくと安心という気分になります。



人参ジュースダイエット、その後の~

10月半ばというのに12月並の寒さ。なんとまぁ。

7月末から始めた朝食は人参ジュースと生姜紅茶ダイエット、2ヵ月半を過ぎました。

・朝食を人参ジュースにして2週間で1キロ以上減る。
・8月中旬に3日間の断食で2キロ減る。
・1ヶ月半ほどの間に踊り場を2回位経て1.5キロほど減る。
・9月末に1日断食で500g減る。
・2週間でチビチビと500g位以上減る。

リニア―に減っているわけではありませんが、上がったり下がったりしつつ、平均すると何となくこんな様子。断食すると一時的にはもっと減りますが、回復食を食べると多少戻るので差し引きの数字です。

食生活ですが、昼と夜は結構しっかり食べています。

炭水化物はお通じの素なのでご飯、パン、蕎麦、うどん、パスタ、煎餅など食べています。量的には8~9割位で気持ち控えめ。納豆、豆腐、良く食べます。肉も魚も毎日食べます。時には豚バラ肉も、牛肉もしっかり食べます。オートミールクッキー、毎日2~3個食べます。オリーブオイル、ごま油、米油など毎日使って料理しています。野菜もタップリ食べます。ポタージュスープ、味噌汁など汁ものもよく作ります。

固形物を食べない時間が長い日が続くと、徐々に胃が小さくなる気がします。また、断食後の回復食期間を大切にすると、そのまま胃が小さくなります。なので、以前より食べる量は多少減っていますが、昼と夜は制限を感じていないです。外食すると一人前食べてしまい、後で胃が重くて辛くなります。

生姜紅茶には黒糖を入れて甘くして飲んでいます。一日400cc~600cc。特に午前中に多く飲んでいます(トイレ近いです)。

甘いものは、ケーキは食べていないけれど、和菓子、チョコレートは食べています。甘いもの色々を重ねてアレコレ食べるのは控えています。珈琲はフレンチプレスで牛乳入れて飲んでます。

あとは5キロウォーキング続いています。歩かないと気持ち悪い感じになってきました。



グリーンジュース

グリーンジュースが「おいしいもの」のカテゴリーに入りました。

先日、美味しくないと書きましたが、癖になります。癖になって、お風呂上がりなどに「飲むか~」と手をのばしているうちに「なんかすごく好きかも!」となりました。ということで、週末にまた作りました。

DSC_0258 (640x360)

今回は1500cc以上できました。野菜の量も多いです。左のボールは直径26センチと、我が家では一番大きいボール。ホウレン草、セロリ、サニーレタス、きゅうりなど。右の奥はキャベツとみかん、手前は林檎とレモンです。

DSC_0257 (360x640)

家の人々に朝だしたら、人参ジュースの方がいいようですが、いつもでなければ飲むそうです。私は、グリーンジュースの深みにもはまりそう。

好きな飲み物つながりで、カフェオレの写真も。
最近、家の近辺で一番好きなパン屋さんがカフェも併設していたことに気がついたので。

DSC_0253 (360x640)

ラヴィエクスキーズのカフェ、美味しくておすすめ。

「私を置いていかないで」

 ⇑⇑⇑ タイトルが間違っていました。
正しくは「私を離さないで」です。どこから出て来たのか分かりません…


引き続きカズオ・イシグロ読みました。

やはり、一人称で語られる物語。語り手の知らないことが徐々に明らかになっていくにつれ、読者にも「あぁ、このまま読み進めると本当に辛くなりそうだ」と分かってくるのですが、その時にはもう絡めとられていて逃がれられませんでした。

読み終えて数日経っても、その世界がずっと本物のように存在し続けていて、思い出しては考えてしまいます。遠いイギリスの物語なのに、日本であったとしてもなにも違和感がない。

大好きで全作品直ぐに読みたいという感じではないのですが、多分また読むのではないかと思います。

「日の名残り」The Remains of the Day

満月の昨夜は千駄木で辛くない四川料理を食べました。

DSC_0246 (360x640)


満腹・ほろ酔いの帰宅途中、ノーベル文学賞発表の記事をスマホで見て興味を示したら、家人が持っているよと帰宅後2冊貸してくれました。

「私を離さないで」「日の名残り」の2冊でしたが、ブッカー賞受賞の「日の名残り」を先に読むことにしました。カズオ・イシグロは初めて読みます。

 遅くに読み始めたので夜中になってしまい、早く読み終わりたくて読み急いでしまいましたが、最後のページまで本を置くことはできませんでした。

 そして、読んでいる途中で止められない引き込まれる感じもよかったのですが、翌朝起きたら、読書中よりももっと物語が鮮明に立体的に立ち上ってくる感覚があったのには驚きました。また、偏った見方をしている一人称の主人公が語る物語なのに、彼の一方的な見方でない世界が認識できる多面性を備えていて、それも不思議な気分になりました。色々な要素が丁寧に構成されている魅力ある小説でした。

 読んでいる間だけ面白いような小説に飽きて読書から離れてしまっていたと思うのですが、この本は、物語に必要な要素が、本を読むことでに読者に提供されて、物語の完成は読者の中で熟成されるような、そんなふうに書かれている気がしました。

 久し振りに読書を楽しみました。もう一冊は昼間にじっくりと読んでみようと思います。


Green Juice

中々試せないでいましたが、プロが作っても美味しくないと分かったので、家でもGreen Juiceを作ってみました。

DSC_0227 (640x360)

Sky Highが出版している本を参考にキャベツ、きゅうり、ほうれん草、セロリ、パセリ、春菊、グレープフルーツ、りんごを刻んで愛用のジューサーに。葉野菜を入れるのは初めてなので、本当に搾れるのか心配でしたが、ゴリゴリと搾りだしてくれました。人参を搾るより、かえって葉物の方が得意なのかもしれません。

コールドプレスジュースは日持ちするというので、大きなボールに山盛り一杯の野菜で作って1300ccできました。

味は~(@_@;)

DSC_0228 (640x360)

私の場合、Green Juice は飲むとショックがきます。今回作ったものは、先日飲んだEssenntial1とは内容が違いますが、300cc 飲んでやっぱりショック。疲れがバーッとでる感じ。あと、おでこに蚊に刺されたような痒みがでます。今日は自宅だったので、たまらずに寝てしまいました。

 先日 Sky High で飲んだ時は寝るわけにはいかなかったですが、左脚の股関節がスコンと抜けて歩けなくなることが何回かあって、松栄堂まで歩くのがちょっと覚束なかったのでした。

 数種類の野菜を刻んでジューサーにかけるのに30~40分と中々時間もかかりました。Sky Highでは500㎖が一本2000円位なので、本日の結果は1300㎖=約5000円分でした。

 わざわざ時間をかけて疲れが出るジュースを作るのもどうかと思いますが、私は人参ジュースも最初はオエッとなりました(我が家では私だけ)。今では人参ジュースは大事な美味しい一杯になっているので、Green Juiceも飲み慣れると思います。たまには作ろうと思ったことでした。




青山さんぽ

 先日、なんだか秋らしい青空に誘われて、青山辺りを散歩に出ました。

DSC03094 (640x427)

 香りをお贈りしたい方があって、まずは初めて訪れる青山香房松栄堂へ。京都の老舗の青山店です。店内をみていると、その場で聞香体験が出来るらしい。昼過ぎなら可能ということだったので、予約だけしてまずはお昼へ。

 自作のジュースばかり飲んでいるので、人の作ったジュースも飲んでみようと、日本のジュースクレンズ(コールドプレスジュースだけ飲む断食で、デトックスしたりダイエットすること)の草分け、Sky Highに行きました。

DSC03095 (640x427)

 カフェというよりスタンドのような小さいお店で、小さな椅子が3~4脚。とはいえ、他に行く場所もないので窓際に座って500mlのエッセンシャル1を飲みました。

 普段飲んでいる人参りんごジュースに比べると、サラサラで甘みもありません。美味しい!満足!という感じではなく、これでお腹にたまるのかとちょっと不安になりました。でも、半分ほど飲んだら急に満腹感を覚え、その先はチビチビと飲みすすめました。

 そういえば、今夜は家の人々が夕食不要とそれぞれ言っていたのを思い出し、このまま1日プチ断食に入ることにしました。ここ数日少しずつ食べ過ぎていて、何となく胃が重いのです。

 その後、約束の時間に松栄堂に戻り、聞香体験。マンツーマンで教えてもらいました。

香炉 (640x427)

 奥の聞香炉は私がやったので、灰の状態が少し凸凹(^-^;
香木は沈香と白檀を聞かせて貰いました。両方とも1時間位は香りを変えながらいい香りを燻らせ続けていました。

 お贈りする線香を選び、自宅用には空薫用の香炉と炭団を求めて、青山散歩をお終いにしました。



 1日断食ですが、朝と昼がジュースだったので、夜は温かいものが食べたいです。バターナッツスクォッシュの豆乳スープにしました。温度と塩気ととろみが身体に力をくれます。熱を加えて壊れる要素もあるとは思いますが、懐石というくらいで、昔から温度はご馳走ですよね。これからの季節にはスープもいいなと思いました。
 翌朝は人参ジュースで、お昼に普通食にもどして今回のプチ断食終了。ちょっとスッキリしました。

 ところで。Sky Highのジュースは、美味しいという味ではなかったです。でも、今回の1日断食のあと、なにかがすごくスッキリしている。これはSky Highのジュースの効果だったのでしょうか。ジュース生活、奥が深いのかも。


 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク