FC2ブログ

福島競馬: 女性騎手

福島の色々を知りたいと、福島競馬にも行きました。生まれて初めての競馬。
広い敷地に作られた驚くほど立派な施設です。多くのギャラリー?は、エアコンの効いた建物の中から観覧しています。

福島競馬場

でも、東京の場外馬券場付近を通った時に感じた、ちょっと怖いような感じはなく、市民が気楽にやってきています。サーキット?というか、馬場?の中央には遊園地のような施設もあり、子ども連れも遊んでいます。

福島競馬場2

せっかく来たので、試しに馬券、正しくは「勝馬投票券」というそうですが、を買ってみました。3つのレースだけ参加するつもりで買い方を勉強して、先ずは手堅い買い方である枠買いの三角買いをしてみました。そのあと、パドックへ馬を観に行きました。

女性騎手

外国人の女性騎手がいました。この人を単勝で買いたいと思ったのですが、枠買いをしてしまっているし、買い方も慣れていなかったので、ついそのままに。そしたら、なんと、そのレース彼女が勝ちました!!あぁ、買っていたら100円が4,000円以上になったのに。

ということで、ちょっと気持ちに熱が入りまして。その後の2レースは、枠買いを減らして、パドックて観て下馬評を読んで、自分の勘で買いやすい単勝を200円位ずつ買いました。その結果、2レース目に2千数百円勝ち、3レース目はもう一度さっきの女性騎手が出たので単勝で買って600円位勝ち。3レース全体で行くと、バス代含めて経費トントンで終わることが出来ました。よしよし。

払い戻し金は当選券を入れると、すぐに機械からキャッシュが出てきます。他の人たちが、何千円も何万円も簡単に払戻金を受け取っている(ように見える)のをみていると、なんだか驚きです。

ちなみに、女性騎手はニュージーランドのプロ騎手、リサ・オールプレスさん。40才、2児の母だそうで、今回3ヵ月だけ日本で乗ったらしい。今週末でまた帰国とのこと。短い滞在中の彼女の勝ちレースを2つも観られたのは貴重だったかも。

馬はキレイ。格好いい。でも、走るためだけに生かされて、役に立たなくなるともう終わりという悲しい運命だと思うと、可哀相すぎて近寄れない世界でもあります。自分のこういう考え方と、実際の競馬の間のどこかに、自分なりの折り合いがつけばまた行くこともあるかもしれません。

挑戦する女性騎手の存在とか、そういうのはいいきっかけになると思うけれど、日本の競馬界は男尊女卑的な観念がはびこっていて、日本女性が活躍するには程遠い旧態依然とした世界らしいです。残念。

スポンサーサイト



桃だらけ

福島は桃が最盛期。

福島市の西に南北に走るフルーツラインという果樹園の間を通る道があるが、そのあたりでは樹に桃がたわわになっているのが見られる。各果樹園の直売所も桃が山と積まれているし、フルーツライン沿いにあるJAのファーマーズマーケット「ここら」でも、桃の特設コーナーが設けれるシーズンが始まった。

桃市場

室内では収まりきらないので、屋根付きの屋外にどんどんと箱に詰められた自家用の桃が積まれ、5箱10箱と飛ぶように売れている。こちらにあるのは、ちょっと当たってしまったところがあったり、皮に傷が入っていたりするもの。1箱600円から1350円くらいまでの間だけど、味は同じ。安くておいしい桃。毎朝9時に始まり、お昼には全部売れてしまう。

屋内の桃コーナーにも桃がいっぱい。そのほか、奥の白箱に詰められた桃は贈答用で、こちらは値段が3倍以上。それでも中元シーズンなので、発送用に長い列がついています。奥の方にはトマトやカボチャ、ナス、きゅうりなど普通の野菜もいろいろ売られています。

ここら桃

併設のここら亭でぶっかけそばを頂きました。この十割そばはJAの本店にある製麺所でうっているらしいけど、つゆはそれぞれの店ごとに工夫してつくっているらしい。ここ吾妻店のつゆ、とってもおいしかったです。そばもつゆも天かすも最高。大根おろしとキュウリも、本わさびも、何もかもとってもおいしくて大満足。「ここら吾妻店」目が離せません。

ここら蕎麦

ところで。
桃ですが「暁星」のシーズンが終わって、今は「白鳳」が盛りであと1週間ほど。「あかつき」が出始めてしばらく続くようです。

福島では桃はトロトロというより固めで食べる果物らしく「あかつき」が一番福島の桃らしいとのこと。暁星も白鳳もあかつきも、どれも甘くて桃!!ほかにもまだ数種類あるようなので、時期が来たらそれらも食べてみる~。地元では完熟桃だけなので、冷蔵輸送とかで冷え性になっている桃はござりません。


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク