FC2ブログ

駿府城公園の桜(伊東小室桜)

このところちょくちょく見に行っている駿府城公園の早咲きの桜ですが、伊東小室桜(イトウコムロザクラ)です。本日も行ってきました。

1988年に伊豆半島の小室山の中腹で発見され、大事に育成されてきたもので、大島桜と寒緋桜の交雑種と考えられているそうです。伊豆半島の小室山公園には沢山あるようですが、駿府城公園にはこの一本だけです。

小室桜少しずつ

梅もだいぶ咲いてきました。

梅のエリアには紅梅と白梅が数本ずつ植えてありますが、紅梅は満開?というか咲き乱れています。それに比べると、白梅は枝のあちこちに1輪ずつ花を咲かせています。昔の人は、わーっと咲き乱れているよりも、このように1輪ずつ散らされたように咲いている花の風情を愛でたのではないかと、想像力がふくらんでしまいました。

白梅さきはじめ

もうちょっと写真がうまいといいんですけど。
このエリア、ただでさえ日陰がちで、撮り方がよく分かりません。

スポンサーサイト



静岡は大道芸の街

静岡で驚いたことの一つは、街がイベント好きなこと。

何だか、街角で年中催しがある。屋台が出ている、フリーマーケットやってる、音楽やってる、大道芸やってる。

冬の寒い間は、市役所前のスケートリンクと青葉通りのイルミネーションくらいかもしれませんが、これから温かくなると、毎週のように街でイベントが開催されそうです。

芸人

これは、4日前の祝日に見かけた大道芸人。人形かと思うほどじっとしているのですが、前のボックスにお金を入れると、ちょっと動いたり、挨拶したり。スタチュー(銅像)と呼ばれる芸だそうです。

同じ交差点で、今日は、大きな丸い2個のパイプの上に乗せた板の上でバランスを取って、ジャグリングしたり輪くぐりしたりする人がいました。芸の呼び方が分かりません。写真を撮ればよかった。

静岡は、毎年秋に大道芸ワールドカップという世界中の大道芸人が集うイベントがあります。

その時は街中に交通規制が実施されて、交差点ごとに大道芸人がいてそれぞれの技を披露します。メイン会場になる駿府城公園は、公園全体が会場となり、多くの大道芸が見られるし、チケットを買うと大テントの中でまとめて観ることも出来るらしいです。

せっかく大道芸の世界的メッカの静岡にいるのだから、今年はもう少し熱心に見て、芸の呼び名くらいは分かるようになりたい。去年は、4日間で150万人という人出にめげて、横目で観ただけで、家に逃げ帰ってしまったのよね。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク