ホットフラッシュ その後

10月に書いた記事を今頃アップロードしたのですが、その続きです。

あのポストを書いた直ぐ後、10月下旬にカナダ・アメリカに観光+用事で10日間の旅をしてきました。ホットフラッシュが心配でしたが、友人と二人ののんびり旅行なので、辛かったらホテルでゴロゴロすればいいやと腹をくくって出かけました。最終的には最後に立ち寄るサンフランシスコで用事が果たせればそれでいいのです。

旅に出たからと言ってホットフラッシュが急に治まるわけでもなく、飛行機の中でもレストランでもところ構わず襲われましたが、汗かきかき、ボンヤリしぃしぃ、やり過ごしていました。そして、とっても寒いトロントや、零下のモントリオールでは少し頻度が減って、あちこちと歩き回ることが出来ました。

カナダに住んでいた友人が頼りになってストレスがなかったのも良かったです。サンフランシスコに行って気温が上がると、やはりホットフラッシュの汗は増えましたが、それでも頻度は酷くは増えませんでした。旅で気分が変わったり、毎日外に出て歩き回っていたのも良かったのかもしれません。

帰国後は、10日ほど静岡で生活して東京に戻り、と平穏に過ごしました。今回の旅は時差ボケで苦しむこともなく疲れも少なく、かつてないほど順調。ホットフラッシュの頻度については、行く前よりも多少治まった感じで、このまま寒くなればもっと楽になるかもと期待したいです。

それにしても海外(アメリカ?)に行くと、気持ちが落ち着きます。中年以降の女性達がみんな元気で強く生きていると思います。やはり年に一度位は行きたいなぁ。
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク