FC2ブログ

静岡に縁が出来る

また間が空いてますが、この2ヶ月弱の間に静岡に縁が出来ました。

夫が単身赴任することになったので、私は現在の住まいと静岡を行ったり来たりするという縁です。6月初旬に日帰りで下見に行って住まいを決めて、10日間程東京で多少の準備と荷造り。中旬に引っ越して、その後の2週間弱は静岡に滞在して生活の整えました。

自転車関係は、その引っ越し準備の間に多摩大橋までリハビリサイクリングに行き、その後「センチュリーランを走る会」の練習会に初参加して都民の森まで登って来ました。病気で走れなかった分を取り戻さなくてはとちょっと焦り気味。

そして、お引っ越しになります。ところがこの引っ越しの滞在中にまた咽喉炎がぶり返しました。ここぞという時に役に立たない自分にガッカリしつつ、静岡の医院で貰った3種類目の抗生物質を飲みながら休み休み頑張りました。まずいかも、と思って早めに薬を飲み始めたのですっかり寝付く事はなかったのですが、喉の炎症が酷いし、だるいし、まったくもぉ〜です。やっと治った頃に滞在期間が終了という感じで、静岡では自転車は乗れませんでした。

東京に戻ってきた時点で2週間後にブルベ600(茂木クラシック)を控えているのに、全然自転車に乗れていません。とにかく長い病気続きで体力も落ちています。東京に戻った翌日、早速一人で乗りに出ました。自分がどんな様子なのか分らないので特に目的も決めずに走り出したのですが、久し振りに乗ったら楽しい〜!と府中街道、川崎街道と北に上って行って友田の交差点まで。本当は御嶽に行きたいレストランがあったのですが、時間切れで多摩川を福生の方に渡って松屋で牛丼食べて帰って来ました。

その週末、6月30日には、すっごく久し振りに会う師匠達と一緒に柳沢峠を越えてさくらんぼを食べに行くサイクリング。が、色々と工夫して自転車に装着した装備が重過ぎるのと体力の衰え(+自分が重くなった)で、峠が上れません。自転車に乗り始めて初めて、坂が上れずに降りて押しました。「とっても遅いけど、頑張れば坂は登れる」と思っていたのにどうしても登れない・・・本当に情けなかった。「重すぎるんだよ」と仲間が荷物を分割して持ってくれたので、その後はどうにかゆっくりと登りましたが、本当に情けない・・・。桃とさくらんぼは最高に美味しかったけど、登りの状況を見たブルベ師匠に「来週のブルベ600は無理ね、今の走りじゃタイムスケジュールが出せない」と通告を受け、しゅーん。

7月になった翌週は、マイナスからやり直しと思って尾根幹に練習ライドに出ました。そして土曜日はレディーズコグコグに初参加して、多摩丘陵を走りました。日曜日は師匠達と飯能から白石峠を越えて秩父。白石峠はなかなか厳しい登り坂でしたが、ひとりでマイペースでゆっくり、じっくり、2度の休憩で上まで登れました。

これで、やっとゼロベースに戻れた気持ちになりました。

ブルベの参加がない今は気分的には楽ですが、次にブルベに出る時に休養時間を取るためには坂の強化が必要です。ゼロに戻ったところで、ここから秋に向けて頑張ろうっと!




スポンサーサイト



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク