FC2ブログ

和田峠(裏)行って、今日瀕死

今日は昼過ぎから激しい筋肉痛でのたうち回ってました。日曜日に漕いだら火曜日の午後に筋肉痛に襲われる状況が年齢を物語ってます。

日曜日に和田峠ライドに行って来ました。和田峠というより陣馬山に自転車で登ったという方が分りやすいかも。陣馬山の標高は854.8mですが、和田峠はそのちょっと下で標高690m。でも、峠だけでなくあちこちの坂道も上ったり下ったりしたので、1日の獲得標高が1300m弱(大山に登る感じ?)と、私にしてはとても大変なルートだったのです。

実は今回のルートは①野猿街道を通ってみたい、②北八王子の豚丼の店「駿河」に行きたい、という以前からの希望が織り込まれていたために、メインの和田峠については余り深く考えずに出掛けたのでした。

待ち合わせは家から20キロの聖蹟桜ヶ丘駅前のスタバ8時半。その後、野猿街道、橋本、津久井湖、道志みち、と神奈川県の道を進み、青野原あたりから山道に入って中央線藤野駅を目指します。相模湖の西の相模川を渡り、藤野駅を越え、陣馬山に挑みます。必死で和田峠を越えて東京側に降りてきて、北八王子経由で戻るというルート。約130キロの行程でしたが、坂地獄というか、どの道にももれなく坂がついて来て、本当に辛かった〜。

和田峠フジ

峠の頂上の前に富士山のビューポイントがあり辿り着いたぞ〜と倒れ込みましたが、実はこの先にまだまだひと登り辛い坂がありました。本当の峠は下の写真の石碑と峠の茶屋のある所で、こちら側は神奈川県向こう側は東京都というポイントです。

和田峠

途中で一回の休憩、一回の携帯呼び出しストップ(超ラッキー)、富士山ビューポイントで倒れて1回の計三回の足つきで上まで登ったのでした。峠の頂上では茶屋のおじさん達が雪かきをしていて、その他にロードバイクの若者が一人いました。和田峠の表から登って来て、これから裏を4本とか走って帰るという話をしていて、ヘロヘロの私にはその時点では話がよく飲み込めませんでした。そんな人もいるのね〜。。。

そして、ドンドン下って北八王子に至ります。ここで駿河という豚丼屋さんに行きたかったの。

豚丼

豚丼定食980円に冷奴つけてもらいました。ご主人が駿河の出身とのことで、駿河湾のイワシ節で取った出汁のお味噌汁、イワシ節のおかかのかかった冷奴、とっても美味しかった。大満足。コーヒーなどの飲み物は無料、お店の方もとても良い人で、本当に憩いました〜。

このあとR155を南下して野猿街道経由で聖蹟桜ヶ丘、後は朝の逆ルートでシンプルに帰宅しました。帰り道、豚丼パワーで元気一杯に帰ってきたものの、月曜日午前中は疲れでヨレヨレ。午後から火曜日の午前までは一旦回復したと思ったのにも関わらず、昼過ぎから筋肉痛で苦しみ、夕方になってやっと机に向かう事が出来ました。

実は過酷なライドだったのが、本日になってよ〜く分りました。しか〜し、和田峠はいい所だった。いつかまたこの辛さを忘れて行ってしまうのかもしれません、、、。
スポンサーサイト



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク