アイスコーヒーに目覚めました

私はコーヒーと言えばホットばかりで夏でもアイスコーヒーは飲まないのですが、珈琲豆を買いに行くフラクタルさんには夏になると名水珈琲というアイスコーヒーが登場します。それを何年もの間、私には縁のないものと思って過ごしておりました。

そんな夏のある日、話の流れで夫が「子供の頃銭湯で飲んだコーヒー牛乳うまかった」というので「え~?銭湯行ったら私はフルーツ牛乳」と返すと「フルーツ牛乳?邪道だね」と切り捨てられました。

その数日後Koboでテルマエ・ロマエを読んだら、話の中で銭湯のフルーツ牛乳が登場し、飲んで感動した主人公が時を越えてローマに持ち帰っていました。「ほーら!やっぱりフルーツ牛乳じゃん!」すると、

「作者が女だからだ」

こういうの負け惜しみっていうんですか?!?

というような経緯で私は勝ったつもりになり、コーヒー牛乳を買おうかなと気が向いたのでした(こっちは天の邪鬼)。でも、どうせなら美味しいのを、とフラクタルに行きました。

DSC00367R.jpg

そしたら、本当にこれが美味しくて。コーヒー風味の冷たい飲み物ではなく、冷たい美味しい珈琲です。シロップでちょっと甘くして、牛乳もいれて、スッキリと美味しくチビチビと大事に頂いています。

DSC00369R.jpg

北海道の名水で作られた冷たい珈琲、期間限定、数量限定、ちょっぴり高価な夏の贅沢ですねー。

スポンサーサイト

闘争心

誰が見ても分る圧倒的な闘争心。柔道の松本薫、すごかったですね~。

DSC00306R.jpg


57キロ級というと小柄だと思うんですが、テレビで見ていても「お願いだからこっちは見ないで!」と泣きそうになるほど怖かったです。ドラゴンボールの超サイア人みたいに全身から闘争オーラがメラメラと立ち上ってました。サスペンスドラマだったら、SATと爆発物処理班に出動要請するところです。

対戦選手も最初からやりにくそうで、対戦中に疲れたり戦意喪失しているように見え、技以前にステージの違う圧倒的な闘争心も金メダルの大きな要素だったように思えます。

今朝のインタビューなどを見ると「今、食べたいのはビッグパフェ」とか、父親の言葉は「普通の明るい娘です」とかやっぱドラゴンボールの孫悟飯っぽい答えで、普段は普通なんだと意外な感じ。でも試合開始前に何を言っていたんですかの質問に「私は闘争心が強いので、落ち着いて、落ち着いてと言っていました」と答えていました。闘争心をコントロールしてのあの状態だったんですね。

普通に暮らしていたら闘争心を表現する場ってまずないし、ちゃんとスポーツをした事のない私は元々闘争心という感情は苦手だしたぶん殆どないですが、松本選手の超サイア人オーラ全開のあの感じには目が離せませんでした。

DSC00312R.jpg

闘争心・・・今まで苦手として遠ざけて来た感情ですが、心の片隅にちょっと種まきしてみたいような気もします。




暦と実感

夏に向けて暑くなり始めた頃はいつも、その時点が既に残暑で、夏は終わった事にして直ぐに秋ならいいのにと思ってしまいます。そうはいかずに、辛く苦しい盛夏、残暑がきっちりと3ヶ月くらい続くんですけどね~。

DSC00190R.jpg

向暑、盛夏、猛暑、大暑、酷暑、真夏、厳暑、炎暑と、これらはドラム缶でぼーぼー燃やされてしまいそうな恐ろしい時候の挨拶ですが、これは実はまだ7月のお便り用。じゃ、このあと8月はいったいどんなことになるんだーと恐ろしくなりますよね。

でも、8月になると盛夏、残暑、晩夏と中旬下旬に向けて手を緩め、秋暑、初秋、立秋、新涼、残炎などとなんかもう暑くないよーっていうようなご挨拶です(だから使用法としては「暦の上では~ですが」とか「~とはいえ」等と、まだまだ厳しい暑さが続きますっていう方向性で使うわけですが)

9月に入ったら、新秋、清涼、秋涼、初秋、爽秋、涼風、野分、秋分と、もはやかき氷の上で爽やかな風に吹かれている位気持ち良さそう。

これ見ても分る通り、時候の挨拶と実際の季節感ってかなりかけ離れています。小さい頃から、こういうズレが気になって気になって、大人ってマヤカシで成り立っていると世間に対して暗~い、疑り深~い気持ちで育った気がします。。。

DSC00212R.jpg

そんなこと考えていると気になってくる「暦」(レキ)ですが、日本では「明治5年12月3日を明治6年1月1日にする」という明治の変更で、それまでの太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ歴)を採用することになりました。今からほんの?140年前のことですね。

この年は12月が2日間ということで要するに1ヶ月短かくなったので、政府は公務員の俸給1ヶ月分が節約出来て、実はそれが暦変更の一番の目的だったとか。

それ以前に使われていた太陰太陽暦は月の満ち欠けをベースにしていて、そこに太陽暦から割り出した農耕のタイミングなどを見るのに便利な二十四節気(にじゅうしせっき)を加えたもの(天保暦)だそうです。この暦だと、月の満ち欠けは29.5日で1ヶ月になるため、3年位に1度(正確には19年間に7回)は閏月として1ヶ月をどこかに差し挟んで太陽の運行と合わせるようにしていたそうで。

例えばさっきの話に戻りますが、太陽暦を採用して節約出来た明治5年12月分の公務員の俸給ですが、太陰太陽暦のままだと明治6年は閏月の入る1年13ヶ月の年だったので、明治政府は変更によってさらにその閏月の分も支出しなくて済んで、予算上合計2ヶ月分の節約になったというタイミングだったそうです。

お役人さんたちは(というより奥さん?)別に2ヶ月無給になった訳ではありませんが、1ヶ月の日数が増えたのに月俸が変わらないことになったのはガックリだったでしょう。

それにしても3年ごとにひと月増えるっていうのは想像し難いですが、月の運行で1ヶ月を計るのは自然な感じがします。毎月毎月、新月の日が1日で、三日月が少しずつ大きくなっていって15日が満月、そこから欠けて行って見えなくなったら晦日で、またそこから次の月が始まる。分りやすいです~。

と、話はどんどん散らかって行きますが、まぁ暑い時には暑いと思い、でも今が一番暑いと極まればこれからは少しずつ秋に向かうという気分で時候の挨拶の言葉を噛みしめるのがいいんでしょうね。とにかく、幾ら自分が夏が苦手でも、夏を飛ばしたらお米が出来ないですからね。。。

DSC00253R.jpg

睡眠不足は敵

暑い~!
昼間外を歩いていたら、暑くて息が苦しいくらい。厳しい暑さですね~。

暑くなってからというもの、あるがままだと午後5時過ぎないと外に出られなくてついに昼間外出する練習までして頑張ったのに、そのあと涼しい日があったらまた逆戻り。またまたこのままではいけないと今度は早寝早起きにシフトする努力中。

2日ほど早寝をしたら、朝起きた時からちょっと元気です。ついつい夜更かししがちな夏ですが(オリンピックは別にしてもね)、無理しても早寝して睡眠をたっぷりとって朝型になるのが大事みたい。

夕方、夕焼けがきれいだったのでまた外に出ました。広い道まで出たのはいいけれど、

DSC00286R.jpg

夕焼けの写真なんだか電線の写真なんだか分りません。急いで近くの公園まで行きましたが、夕焼けの足は早い~。電線が見えないところに行った頃にはもう大分沈んでしまいました。

DSC00290R.jpg

振り返ると月も出ています。お月さまも暑さのせいでボンヤリ~。

DSC00296R.jpg

こんな夕焼けと夜空の景色を思い浮かべながら、今宵もさっさと寝てしまおう、明日のために~♪

TOEIC頑張ったりノビタり


先週前半の目標に「日中の暑さに負けずに外出する」を掲げたのですが、練習を始めて3日目には気温が10度も下がりました。肌寒いくらいで週末も過ごしやすくて、せっかく頑張った外出訓練は無駄になっちゃいました。

それで、その週末は実は初めてのTOEIC受験で、頭にはとってもいい訓練になりました。申し込み前に模擬試験問題をやったのですが、英語力はさておいて、集中力、瞬間的な記憶力、頭の回転の早さなど最近の私にかな~り欠けている能力が要求されてます。なので頭のリハビリと英語力の評価の一石二鳥となると受けてみました。

実際は、最初ヒアリングのテストが始まると、模試でやった問題形式を忘れているし、聞いた内容も右から左に忘れがち。申し込みから実際の受験までの期間に、暑さでぐったりしていたせいで?全て飛んでしまっていて、ぶっつけ本番状態でしたー、あ~ん。

どうにか最後まで終わらせましたが、くたびれました。

アサインされた会場がミッドタウンだったので2時間の長丁場が終わってからガーデンの方に行ってみました。さすがに気温が過ごしやすい週末で人が沢山出ています。レジデンスの方には私の好きなアガパンサスが沢山植えられていて花も盛りでした。

DSC00224R.jpg


この日は2時間の集中と都心への外出で疲れたのですが、気分的にはテンションが上がってしまい、夜は妙な勢いのまま以前から行ってみたいと思っていたカレー屋さんに行きました。

スリランカのライオンスタウトという黒ビールでプハァ!ビールのお供に「サバ缶」を頼みました。水煮のサバとオクラ、ゴーヤなどがスパイスで和えてあってビールにも良く合います。(なんか、ピントがずれて中身が分りませんね(汗)

DSC00244R.jpg

生ガキをコリアンダーで和えた冷製とか、工夫したメニュが色々とあって、とても美味しく楽しく満足。

しかし、ちょっと何かしただけですぐにテンションが上がるの良くないです。もともと次々とやってくるマイブームに振り回されがちな性格の私にとって「平常心」って難しい。週間目標じゃなくて、人生の目標として高く掲げるべきですね~。。。

ところで、象さんの話ですが。

西洋には "Elephants never forget" 「象は忘れない」ということわざがあります(ローマ時代にはラクダだったらしいですが)。子供が忘れ物しないように「象さんは靴ひも結ぶの忘れないのよ」とか「象さんはお弁当を忘れずに持って行くのよ」とかそんな風にも使われます。

でも、象の記憶って本当に長いそうです。メスばかりで群れを作って移動しながら生活する象ですが、年寄りのおばあちゃん象の方が確かな記憶を養っていて、群れに対して危険な相手を固体として記憶から判断出来るということが科学的に実証されているそうで。年のいった女性の方が優秀っていうポイントに妙に反応してしまいました。

DSC00248R.jpg


スカイツリーを見ながら冷麺

スカイツリーを見ながら冷麺を食べて来ました。

DSC00140R.jpg

熱気が立ちあがっているのか、スカイツリーもなんだかモンヤリ。上野駅から不忍池沿いに歩いて10数分。東天紅からスカイツリーが見えると聞いて女子会して来ました。駅で落ち合っておしゃべりしながら歩けば、暑い中でも
10数分はあっという間でしたよ。

DSC00126-R.jpg

フカヒレの乗った冷麺頂きました。友人の頼んだ三色冷麺は氷で作ったお皿に入っていて、最後まで冷え冷え~。7階のレストランからは不忍池とスカイツリーが丸見えです。冷麺後はジャスミンティーでまったりしました。

帰り道には蓮の花。

DSC00146-R.jpg

蓮は朝の5時頃咲いて昼には閉じるそうで、同じ花が4~5日は咲いたり閉じたりするそうです。朝早くは蓮の花が咲く時にたてる微かなポンッていう音が聞けると見回りをしていた管理の方たちが教えてくれました。自転車で聞きに行くか?>自分。

梅雨明け:今日も高温注意報

関東地方、本日例年より8日遅い梅雨明けだそうです。

気象庁の発表が「梅雨明けとみられます」っていう言い切らない感じが、自然が主体で気象庁はそれを観察しているという立ち位置が分って、好感持てます。自然は人間の営みと関係なくあるがままなのに、つい立場が逆転して感じていることが多いですよね。「異常気象」っていうけど、それはヒトがやって来た事が「異常」で地球の自然に影響して昨今の気象になっているという事実を忘れてるというか。。。にしても、朝から暑い!

デッキには朝からキュウリの濃い影ができています。

DSC00053-r.jpg

キュウリは苗を3本植えて、1本だけ蔓が伸びました。あとはなんだか地面にうずくまってグルグルしてるばかりです。今年こそキュウリを買わないで済むかと期待してたけど、ダメだなぁ。それに、このうずくまった方の苗と自分が重なる朝からの暑さ!高温注意報でています。

しかし、しかし。このままじゃいけな~い!と両肩もってブルブルと揺さぶられる気分になったのは、今朝もらった例の暑さと湿気が大好きな女子からのメール。メールの最後にちょろっと一文。



「今日も素敵にもう30度超!!!」



ですよ。もぉ~~!!

ここまで断定されると、疑う自分が間違っている気がするほど気持ちいいというか。彼女の存在のせいで、私がコペルニクス的転換をすれば多少なりともこの気候に立ち向かう事が出来るのではないのかと、先週一週間横になったままでそれ用にマウスまで新調してしまった自分を反省しましたよ。

ということで、朝からちょっとは頑張ろうと珈琲淹れました。まずは小さい努力から。

珈琲豆、今週はまたまた変わった豆が買ってあります。ブラジルのピーベリー。珈琲豆は通常ひとつの実に2個入っているので合わさった部分が平らくてもう一方が丸くなっていますが、ピーベリー(peaberry)は1個の実に1個の豆しか出来ないもののこと。それで形が丸いのですが、枝の先っぽの方に出来るだけなので珍重されているそうです。(フランス語ではカラコリ(caracoli)っていうらしい(これがほんとの豆知識(爆))。

DSC00038-r.jpg

左が通常のブラジルで右側がピーベリーです。スッキリしてて、味がキリッ濃くて美味しいです。お陰で今日は昼前から活動が始められてよかった、よかった。このまま頑張って明るいうちから外出しよっと。

最後に、お向かいさんの名も知らぬ多肉植物。若い女性に人気ということだけど、持ち主は86才。微妙な色合いがちょっと目に留まりました。

DSC00064-rrr.jpg


読み返してみると、なんだかトーンがちょっと変で、暑さのあまり動作不良が出ているような気もするワタクシ。実は、今週末の昼間に予定があって、それに向けて昼間の活動レベルの向上と明るいうちの外出を練習しておくという大きな課題があるんです。今週は、毎日昼間に外出します。

小粒で美味しい珈琲豆:イバイラ

コーヒーは好きな方で、家で豆を挽いて円錐型のペーバードリップで淹れて飲みます。でも飲むのは日に1杯、多くて2杯かな。

豆はいつもフラクタルという珈焙煎珈琲豆屋さんで買います。ご店主が色々と選んだ豆を毎日焙煎していて、炒り立ての豆をちょこちょこと買わせてもらってます。いつも決まった銘柄というわけではなく、珍しいものがあるとそれを買うのですが、先日はそんな調子でイバイラという豆を買いました。それが美味しくて。買い足しにいったらもう売り切れでした、残念~。それでこの豆、とっても珍しい。小さいんです~。普通の珈琲豆と並べてみました。

イバイラ

こんな小さいコーヒー豆、初めて見ました。イバイラちゃん、また出会う事があるでしょうかね~。

今回はイバイラちゃんの代わりに、カップ・オブ・エクセレンス2011に輝いたベラビスタ農園のブラジルを買って来ました。こんな風に、美味しい珈琲豆が気軽に買えるのも嬉しいんだなぁ。


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク