多摩サイ放浪サイクリング

ロードバイクは昨年秋から遠のいていて、今年3月に「菜の花サイクリング」で房総に行ったきりでしたが、先週久し振りに伊豆大島一周サイクリングに行って気持ちが甦って来ました。

それで、今日は地元サイクリングに行って来ました。

本日は2つ目標があって、ひとつは多摩サイを今までよりもう少し上流に行ってみること。四谷橋の先のダートになる所までしか行った事がなく、今後もっと先に行くために迂回路の下見がしたかったのです。そして、もうひとつは尾根幹方面で珈琲が飲める店を探すことです。

まずはいつものコースで多摩水道橋まで行って、そこから多摩川サイクリングロード(多摩サイ)左岸を上流に向けて走りました。よく晴れて湿気の少ない気持ちのいい日です。橋を幾つもくぐって、多摩サイの立ち寄りポイントのセブンイレブンを過ぎて私的未踏の地に進みました。

ダートが始まる所で右折。そのあと直ぐに左折したら水田があったり小川があったりとビックリするような風景があったのですが行き止まりだったので戻って来ました。最初に右折したら3本目の道を左折するのが正しいようです。そのまま細い住宅地の道を突き当たりまで行って左折。

そのあと小さい吊り橋を渡って、野球のグラウンドの左側に出て、左の小道の方に行って木立ちの中を通って、橋をくぐってモノレールや中央線も過ぎて、その先の小さい橋まで行った所で戻る事にしました。帰り道に貝殻板橋の写真を撮りました。

貝殻板橋

うっそうとした樹々に囲まれた木の吊り橋、橋のたもとにオンドリがいたりしてほのぼのした場所でした。

セブンイレブンまで戻って小休止。おにぎり1個とチョコ菓子を買いました。土手で食べていると鳥が来ます。ご飯粒やったら手から食べます。3羽くらい養いましたよ。

セブン

クリップ

軽く休んで、川原橋まで戻り尾根幹方面に。今日は調べて来たコメダ珈琲稲城店に行ってみました。尾根幹ももっと通りたかったけど、稲城店は思いのほか近くて殆ど坂は登らずに着いちゃいました。

こめだ

コメダ珈琲は駐車場は広いし、窓の直ぐ外に自転車置き場もあり、ローディー的に立ち寄り易い喫茶店でした。シロノワールというお菓子は上に乗っているのが生クリームかと思いきや、アイスクリーム。この写真はミニです。一休みして帰途に着きました。

家に帰って、落ち着いてもう一度自分で珈琲を入れて飲みました。いつものフラクタルの珈琲。今回の豆は東ティモールです。う~ん、珈琲は家でこうして飲むのが美味しいなぁ~。
そして、コーヒーを飲みながら本日を振り返ってみると、多摩サイの上流の方は未だ分らないままだなぁと(爆)

そんな本日の走行距離は60キロでした。
スポンサーサイト

島は大雨:ずぶ濡れねずみ

土曜日早朝、うっすら雨。

自転車持参で竹芝ターミナルから船上の人となりました。「ジェット船は新幹線より静か」とパンフレットにありましたが、むかし東伊豆の高速艇でひど~く舟酔いしたことがありこわごわ。でも、新幹線と同じタイプの座席のこのジェット船、殆ど揺れません。看板に偽り無し!前後の翼だけ海中にあって船体は海面上に出ているのがその秘密だそうで、ホバークラフト状態?この船で残る問題は高い乗船代だけですね(爆)

2時間かからずに島の西側北側の岡田港に到着し、そこにお宿のご主人が自らマイクロバスでお迎えしてくれました。本日の宿は島の北東西側の元町港近くの宿です。これって島に住まないと感覚が分らないのですが、天候によって出航、到着の港が日々変わるんだそうです。海が荒れ模様になると岡田港になるらしい。大河ドラマにも登場した源為朝のお宿:赤門。私たちのような自転車持参のややこしい客にも心からの接待をして頂き、とても居心地良く過ごさせて頂きました。食事も豪華でした。

昼前には垂れ込めた雲の下で自転車を組みたて出発し、まずはランチにラーメン屋さん。人気店らしく私たちが入った後すぐに満席になりました。餃子も麺類も全てすっごく美味しい。大島は水が違うのか、人々の味覚が優れているのか、ここを始めとして食べる物は全て美味しかったです。

本日のコースの予定は大島一周(時計回り)です。距離は50キロなんですが、坂が~、坂が~!!!登り坂ばかりの訳はないんですが、平地は少なく、登り坂、踊り場、登り坂、激坂、ガーッツと下り坂など、次から次に現れます。平地の50キロとは全然違う厳しいサイクリングでした。その上、途中からジャンジャン降りの大雨で、こんな大雨のサイクリングになるとは。でも、舗装状態はいいし、車も殆ど通らないお陰でどうにか無事に雨も乗り越えましたよ~。坂さえ頑張れればこんな素敵なサイクリングロードはないと思いました。

そんな風に山越え谷越え、やっと波浮の港につき、鵜飼という名の揚げたてコロッケ屋さんでコロッケ休憩。熱々のメンチとコロッケがずぶ濡れの身体に染み渡りました。降ったり止んだりと、結構一日降られましたが、夕方宿に帰ることにはやっと納まったような感じ。宿の前で自転車を簡単に洗わせてもらって、玄関内に停めさせてもらって、やっと温泉でまったり。結構な一日でございました。

私は3月初めの菜の花ライド以来の自転車だったので、すごく心配しながらの参加だったのですがどうにか一周回れてホッとしました。そんな心配するくらいなら常々乗っておけってことですけどね~。

2日目は朝のうちだけ雨という天気予報。朝はゆっくりして私を含めたカメさんチームはリス村へ。ウサギさんチームは三原山へ向かいました。リス村は、伊豆七島それぞれの固有種を地道に集めて育てているという多様な紫陽花がちょうど見頃でとても楽しめました。

あじさい2

あじさい1

リスと戯れたのも楽しかった。お膝に乗って来て、ひまわりのタネをおねだりするけど、凶暴さは全くなくて可愛かったです。サイクリングの事は忘れて楽しみ、その後牧場に行って、大島牛乳のソフトクリームを食べる事に。これがまた美味しかった~!

リス

ウサギさんチームは、三原山はガスっていて5メートル先が見えなかったそうで火口登山口まで行って降りてきて、牧場のソフトクリームで合流。雲の上に遠く富士山まで見えて感激しました。

こんな感じで2日目の走行距離はわずか10キロ。でも、坂は沢山あったし、風が強かったので楽なばかりではなかったです。

昼過ぎには元町港そばの海沿い露天風呂の浜温泉へ。このためにちゃんと水着も持参してました。段々晴れてきて、日差しと風が強い中、荒れた海を見ながら温泉でまったり。この日元町港は荒れていて白波走る大波小波がザンブリザンブリしています。客船は接岸出来ないのが朝から決まっていましたが、貨物船がうまい具合に接岸してクレーンでコンテナの積み込みをしているのを温泉から眺めて、そんな景色をずっと見ていました。日頃海水浴とはまったく縁のない私が、温泉とはいえ水着姿で海を見ているのはまったくもって異国情緒というか、不思議な感じでした。

自転車がもう少し乗れるようになれば、大島はもっと楽しめると思います。でも、サイクリングだけじゃない楽しみも色々あるので、辛くても楽しかったとも言える。ぜひまた来ようと思いつつ帰って来たのでした。

ふね-06-17 16.12.28

tag : ロードバイク サイクリング

輪行

明日は雨ですが一泊でサイクリングに出掛けます。
船に乗るので、今日は持ち物の準備と、自転車からホイールを外して輪行袋に詰めました。

私の自転車は、非力でも坂道が登り易いように大きなスプロケットをつけています。が、その変更をするためにロードバイクのくせにマウンテンバイクのプーリーを付けるというややこしいことになっていて、普通のロードバイクと同じように輪行しようとすると長く出っぱったプーリーがとても不安定+何かに当たって曲がってしまいそう、という状態です。

そのせいで、軽くて小さくたためるのが一番と思って最初に買った輪行袋は、プーリー部分を下側にする入れ方なのでエンド金具を付けても下に置く都度曲がりそうで安心出来なかったり、軽さのために生地が薄くて(丈夫ですが)、自転車のあちこちの部品が凸凹当たって持っていて痛い。

それで、結局ヘビーデューティーな重くてかさばるMTB用輪行袋を試してみようと準備してあったので、本日初めていれてみました。プーリー部分が上向きなので安心なのと、両サイドの内側にホイールをいれるポッケがついているので、軽量輪行袋のようにホイールをフレームにくくり付けなくていいので仕舞うのがラクチンでした。

輪行袋で出掛けて、出先で解いて、軽い輪行袋を自転車に付けてスイッと走り出すというのは出来ませんが、まぁ、とにかくこの輪行袋から始めて見ようと思いました。

輪行が出来るようになると、機動力が急激にアップして色々な場所に走りにいけるようになると思いますが、気力、体力、財力の三拍子に欠ける私としては、ご近所チョロチョロ走りの距離をもう少し延ばすようにして、たまの遠征も忘れない程度に楽しみたいと思います。

世界一周サイクリングに出掛ける夢を持てる位のエネルギーも欲しいですけどね。

夕暮れ散歩

新宿でストリートアーティスト?に遭遇。
躍動感いっぱいの形で静止しています。

ZZ4F11A3C2.jpg

ネクタイも空中に舞ったまま静止、スーツもいい具合にひらめいています。

スーツ姿でスーツっぽくない動きや活動的な動きをしているのって、なんか色っぽいというか。須藤元気のWorld Orderなんか好きです。



ところで、ニコニコ動画の画面上に表れるコメントは右下の点々のアイコンをクリックすると消えます。広告も広告右上のバツで消せます。色々と面倒ですが、これが「無料」の代償なんですね。


西口に至った辺りで夕暮れ時となりました。空がきれいで、大勢の急ぎ足の雑踏の中で何人かが写メを撮っています。私もそちら側の仲間入り。

一番左のコクーンビルが出来た時にはそのスタイリッシュな風貌に驚きました。そんなビルの向こうの夕焼け空。肌寒い一日でしたが、明日は晴れるでしょうか。

2012-06-13 18.49.28

IT化への道のりはまだ半ば。電子書籍については調査中です。

いちごソーダ

すごく美味しいというよりは、色がきれいなので、という感じでつい。

2012-06-13 10.46.27

いちごジャムを作ると、いつも最初の頃に泡を取るついでにシロップを少し取っておきます。水分が多いと鍋から噴いてしまうし、後で色々と使えるので一挙両得な感じです。泡もそのまま一緒にタッパーに入れておくのですが、特になんとも思わず、イチゴミルク、ヨーグルトソースなどに使います。

これはソーダ割り。

縮小ソフトとブログの設定

先日、日蝕の写真を載せましたが、赤いリフレクションの中に欠けた太陽の影が映っているのがさっぱり見えませんでした。それで、写真の質を下げずにサイズを縮小する方法を模索してImageWellというソフトをダウンロード。これだとファイルのサイズを見ながら%を下げられて、IPhotoの「書き出し」より緻密にサイズダウンできるし、画質もあまり粗くなった感じがしません。

でも、それだけじゃ駄目でした。小さいサイズではどうしても細かい所が見えません。それで、ブログの設定でサムネイルを元の写真にリンクするようにすることで、画像クリックで大きな写真が見られるようになりました。

ということで、下記の写真、クリックしてみて下さいませ~。

2012-05-21 10.42.07

キラキラ光っているのはサンフランシスコベイですよ~。


「太陽もいっぱいぬかハニー」型出ししました

一日でいい感じに固まったので、早速型出ししてカットしました。柑橘系の良い香りです。

色もビビッドなオレンジで本当に太陽いっぱいな感じ。

2012-06-03 12.21.08

ぬかが点々と散っていますがオレンジの中では余り目立ちません。白い石けんに入れた方が見た目的にはいいようです。でも、しっとりの効果が期待出来るので、これはこれでオッケー!

#32: 太陽もいっぱいぬかハニー

石けんの名前も段々思いつかなくなって来ました。濃いオレンジ色の石けんです。

先日に引き続き石けんを仕込んでいます。皮膚の修復作用があるというカロチンオイルを多く配合しました。オプションで蜂蜜とぬかも入れて保湿効果もアップ。グルグルとかき回していると、時々グリセリンが出来ているのか透明な部分がスルッと見え隠れします。今日は型入れには技は必要ないのに、トレースの具合がちょうどよくて残念なくらいでした。

2012-06-02 17.43

レッドパームオイル 30%
オリーブオイル  30%
ココナッツオイル 20%
キャスターオイル 10%
ラード 10%
SF ホホバオイル
オプション:ぬか、蜂蜜
精油: リッツェクベバ、ラベンダー、ゼラニウム
Batch: 1200g
Discount: 8%
Water: 30%
6/2/12


それから、先日の急速トレース石けんもカットしました。心配していたバラバラ事件は起こらず、何とか二層石けんになりました。ほっとしました。

2012-06-02 10.52

香りもローズマリーというよりはもう少し甘い感じの良い香りがします。スイートアーモンドオイルがこんな風に香るのかその辺りは不明なんですが、精油を入れ損なったという残念な感じはまったくなくて、かえってビックリ。1ヶ月後の解禁の際にはどんな感じになっているのか、また楽しみです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク