FC2ブログ

Let's enjoy the touch of the texture!

桜が散ったと思ったら、あっという間にハナミズキです。今の時期、本当にいっぺんに色々な花が咲いてきれいですね。

パン焼きは順調です。

シードミックスを入れたパンが気に入って続けて作っています。私はブログを見れば分る通り、食べる事が大好きなわけですが(爆)、味覚だけでなく食感も気になります。シードミックスを入れて焼いたパンは味も多少濃厚な感じになりますが、つぶつぶがあってテクチャーの違いも食べていて楽しいんですよね。

2012-04-21 08.01.32


飛行機によく乗っていた頃の昔の話ですが、機内食のたびに繰り返される"Chicken or beef?"に飽き飽きして、事前にベジタリアンのリクエストを入れたことがあります。どんなメニューが出てくるかと思っていたら、とても工夫の凝らされたアジアンテーストのベジタリアンディッシュが供されました。

メニュー自体を覚えていないのが残念ですが、それは味というより野菜の素材や調理法の食感の違いを上手に使って口の中で何種類ものテクスチャーが舞踏会、みたいな感じで私の舌は大喜びで一緒になって踊っちゃいました。これが私の食感への目覚めの瞬間!食感でこれだけ満足のいく食事が作れるとは!(相変わらず大袈裟)

食感を楽しむという点で、ワイルドライスも大好きです。噛むとムチッとした抵抗感があり、馴染みのいい噛みごたえがあります。カレーの時にマノーミンを入れたご飯を炊くのも合うし、メインディッシュの付け合わせにワイルドライスというのもとてもいいと思います。

ということで、シードミックス入りパンは、サイズや味の違う数種類のシードが混ざっていて、一口ずつなんとなく違いが楽しめていいです。本当はフラックスシード(亜麻の実)入りパンが焼きたかったのですが、今日本では個人で入手するのが難しいらしく。フラックスシードが手に入るまで、このマイブームしばらく続くと思います。


ところで、食感ではなく味覚の話ですが、私の年代の人達も含め多くの人が舌の場所によって感じる味覚が違うって習いましたよね。舌の先は甘み、両サイドが塩味、奥が苦み、みたいな。あれって実は間違いなんですよ(驚くでしょ?)。

私は元々その味覚の差が余り分らないのをひっそり隠していたので「なーんだ、そうか、私の舌がおバカなわけではなかったぞ」とまたもやひっそりホッとしたんですが、騙されてましたね~。

味を感じるのは味蕾というのはそのとおりなんですが「それぞれの味を感じる別の種類の味蕾がある訳ではなくひとつの味蕾がいわゆる五味を感じる。ただし、舌の部位によって味蕾の密集の度合いは異なる」ということが1990年に証明されたんだそうです。でもそれより以前に学校で習ったりしたら、その後もずっと信じ続けてる人多いんじゃないでしょうか。

さてさて、それはそうとドライイーストだけでなく天然酵母のパンも焼いてみたいと思う今日この頃。HBの購入費はパン屋さんに行かなくなるからすぐに浮くぞと思ったんだけど、パンの材料費が大変な事に。手作りは節約ではなく贅沢だったんだよ、ワトソンくん。ほえ~。
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク