FC2ブログ

転んでもただでは起きない

毎日食べる事ばかりですが。

今朝はパンドミの良い香りに誘われて起きたのですが、HBのフタを開けてビックリ。初回のように膨らんでいません。んー、夕べも慎重に計量して、水も冷やして加えました。最初に作った時と同じ材料です。ドライイーストも、プラスチック容器で計ったら静電気でイーストが跳ねまくるものだから別の容器に入れ直してしっかり計量したのに。

使っているレシピ本が水分量を限度いっぱいまで加えるレシピなので、温度や湿度などちょっとした事で失敗するのかもしれません。パン作りの要領もコツもまったく知らず、すべて本と機械任せなもので、失敗の原因の見当すらつきません。パンの匂いは最高にいいんですけどねー。

2012-04-11 07.37.11

この膨らまなかったパン、外側はパリッとしていますが、中身は水分の多いもっちりした生焼けな感じです。皮はそれなりに食べられるけど、中身はいただけません。がっくりしました。いい小麦粉使っているんですよ。あー、もったいないー(泣)

ケチでせこい私は落ち込んでグッタリしました。が、ケチでせこいもんですから自然とどうにかする方法が思い浮かんできました。「そーだ!パンプディングならきっとこの失敗パンを使って作れる!」

と言っても、フレンチトーストみたいなものではなくてイギリス風パンプディングが食べたい。ということで、なんちゃってクリスマスプディングにトライしてみました。読んでる本があったので外出せずに家にあるものだけで適当に。

2012-04-11 18.47.29

材料は、ほんっといい加減ですが、大体下記のようなものを混ぜてホロホロにほぐしたパンとよく混ぜました。

膨らまなかったパン 240g位
卵3個
溶かしバター(ケンネ脂の代わり)60g
マスコバト糖 60g
レーズン 50g
すったレモンの皮 半個
レモンの絞り汁 半個
生姜汁 大さじ2
全粒粉 20g位
柚子ブランデー 大さじ2
シナモン、ナツメグ、クローブ 適当に

170~180度の湯煎オーブン80分で出来ていました。粉もふるわない、泡立て器も使わない、順番も関係ないっていうことで本当に簡単でした。

頂きましたが、元々のパンが重めなので出来上がりもそれらしくずっしり。全粒粉は必要なかったかもしれません。バニラビーンズやナッツ類があれば欲しかったですね。甘さは控えめでした。

本当のクリスマスプディングはその家ごとの秘伝があって伝統的な大事な行事なんですよね。混ぜる時には家族一人一人が順番に願いごとを唱えながら混ぜたり、コインや指輪を入れて蒸し上げて、一ヶ月寝かせて食べる時にはそれが当たった人に幸運が訪れるという占いにしたりとか。憧れます、古き良きイギリスのクリスマス(って、また季節外れな事を)

ま、これは”なんちゃって”なんで直ぐ出来るし、失敗パンの行く末としてはとっても上等だと思いますよん。
スポンサーサイト



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク