スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄い薩摩揚げ

長崎一番という会社の「漁師揚げ」という薩摩揚げが好きです。これはじゃこ天なんですが、普通の薩摩揚げよりずっと薄くて噛みごたえがあって、私の好みのツボなんです。

この噛みごたえを例えると、白滝を水分が飛ぶまでカラ炒りして味付けして食べる時のあの白滝にちょっと近い。薄いので、端や角の部分が揚げた時によく火が入り、その辺りが余計に美味しい。ジャコも噛みしめると味がしっかりしていいのです。

一度パルシステムで注文して気に入ったので、どこかで買おうと袋を取っておいたのですが、スーパーでもデパ地下でも見かけないのでついに会社に電話を掛けてしまいました。「漁師揚げ」は通常商品ではなく、材料がある時にしか作れないというような理由だったか普通は出回るものではなく、生協で3ヶ月に1回位出るということのようです。

ということで、我が家ではパルシステムに長崎一番「漁師揚げ」が出ると複数注文し、私が独り占めして食べるという状況です。

で、これ。

2012-04-26 12.49.17

これはスーバーで買えます。薄さが好み。その上、新鮮な生姜がたっぷり入っていてちょっとヒーヒーしながら食べるのがいい。熱いご飯とも良く合います。もちろんお酒のつまみにもいいと思う。噛みごたえはあまりないけど、でもこの薄さ、いいです。おすすめ。
スポンサーサイト

オーラ

年とともに伝統芸能が好きになり、ここ数年は毎月1~2回は劇場に出掛けるほどだったのですが、311を境にぱったりと足が遠のいてしまっています。なんだかチケットを取ろうという気が向かず、劇場やエンターテイメントは遥か遠い所のような気分。

その代わりにというのも変ですが、311の当日、帰りの足にと都心で買ったロードバイクの練習走行やら合宿に出掛けたり、ジムにも適度に通ったりして、健康増進方面は多少の充実があったりして。

今になって振り返ってみれば、体力つけなきゃっていう基本的な感じに立ち戻っていたのかしら。災害が現実のものとなっているので、やはり私のような軟弱ものは役立たずの人迷惑になってしまうから、とにかくせめて自分くらいはどうにか出来るようにならねば、ということ。今でもそう思いますが、体力はまだまだなのでこれに関しては要継続というところ。

そんな風にライフスタイルが変わっていたのが、先日の夕刊で六月大歌舞伎の全面広告を見て「お、これは行きたいかも!」と久し振りに思いました。好きな亀ちゃんの猿之助襲名披露公演。ワイドショーを賑わした 香川照之の市川中車襲名とその息子團子の初舞台でもあり。

でも正しい古典芸能ファンとして劇場に戻ろうというより、実はネタとして観ておきたいっていうか(爆)ま、そんなきっかけにしても、劇場に戻るに良い機会かもしれないと思います。

ところで、夕刊の全面広告ですが、六月大歌舞伎のチラシの他に亀改め猿之助、中車、團子の口上の型の写真も載っています。これがねー。

いやいや、オーラって写真で写るんですか?
印刷出来るんですか?

写っているとすると私が感じる所のふたりのオーラがまーったく違う。

何が違うって、亀ちゃん改め猿之助の写真に漂うスッキリとした清らかな上げ基調の明るいオーラ!この明るいオーラがぱぁーっと外に向かって放たれている。いいですね~、これぞ歌舞伎役者って思うわ。この人のそばに寄ったら幸せを分けてもらえそう。舞台の上の華やぎやうっとり感が想像出来る。そうそう、これを観たいのよ。吸い込まれてしまっていつまでも目が離せないこの感じ。

それに比べて、香川くんの写真は緊張しまくっているのかオーラがどす黒く地面にめり込んでいる感じ。襲名の口上なんだから、役者としてのベースオーラをポジティブに出せばいいと思うけど、オーラが外に向かって放射されているのではなく、内向きに吸い込まれている感じで、観ていると吸い取られそう。暗くて怖いよ。

香川くんの人生も、欲望、願望、邪魔、やっかみ、試練、無理、道理など、色々な事があって大変なんだろうだけど、役者はオーラを発してなんぼ。基本的にはやりたい様にやれているのだと思うから、実はとんでもなく幸運なポジションだと思うので、ネガティブ光線よりもポジティブオーラを発して欲しいわ。


いまからチケット取れるかな?

色とりどりで

今の時期散歩をしていると、いっせいに咲いている何種類もの花が目を楽しませてくれます。花だけではなく新芽も吹き出しています。桜の葉だけでなくそこここの垣根になっている赤芽樫も真っ赤な新芽になっていますし、植物の命がほとばしっている感じで気持ちも明るいですね。

近所の公園には、隣組の丹精と思われるみごとな花壇があり、今年初めて見るひらひら花弁のチューリップもみごとです。

2012-04-25 10.19.04

この花壇は、一昨年の春は花芽の茎がグーンと伸びてつぼみをつけて後は咲くばかりになっていたアガパンサス10数本が一夜のうちに全部切り取られてしまった事があって、見ているだけの私ですらとてもがっかりしたのですが、ガーデナーの皆様はそれを乗り越えて今年も素敵な花壇が出来上がっています。

2012-04-25 10.35.09

シャクナゲも咲きます。今年はちょっと花が小ぶりなような気がします。

このほか近所で咲いているのはシャガ、山吹、花ニラ、アイリス、紫木蓮、紅周防、花カイドウ、ボケ、ハナミズキ、スズラン水仙、う~ん、あと何だろう。桜が散ると、その後すぐにこんな感じでいっせいに花が咲き誇る。春から初夏に変わるこの時期、とてもいい時期なのに、それを手放しで満喫出来ない花粉症が憎いです。

と、人様の手になる植物だけでなく、今年は連休中にぜひハーブをプランターに植えようかと思っています。

田舎の伯父が来た時に我が家の猫の額ガーデンに植えて行ったラベンダーは、花の季節にくしゃみが止まらなくなるので夜中にこっそり緑道脇に移植。いまや日当りの良い場所で生い茂っています。先日、その辺りにローズマリーも植えてみました。

でも食べるハーブは道端で育つほど強くなさそうなので、デッキの上にプランターを置いて栽培してみようかと思っています。希望はチャイブ、タイム、フェンネル、セージ、コリアンダー、バジルなど。

ずっとプライベートは純和風好みだったのですが、去年の後半あたりからまず食生活に洋風の風が吹き始めています。洋風職場がなくなった反動がこういう所に出て来ているのかもしれません。

Let's enjoy the touch of the texture!

桜が散ったと思ったら、あっという間にハナミズキです。今の時期、本当にいっぺんに色々な花が咲いてきれいですね。

パン焼きは順調です。

シードミックスを入れたパンが気に入って続けて作っています。私はブログを見れば分る通り、食べる事が大好きなわけですが(爆)、味覚だけでなく食感も気になります。シードミックスを入れて焼いたパンは味も多少濃厚な感じになりますが、つぶつぶがあってテクチャーの違いも食べていて楽しいんですよね。

2012-04-21 08.01.32


飛行機によく乗っていた頃の昔の話ですが、機内食のたびに繰り返される"Chicken or beef?"に飽き飽きして、事前にベジタリアンのリクエストを入れたことがあります。どんなメニューが出てくるかと思っていたら、とても工夫の凝らされたアジアンテーストのベジタリアンディッシュが供されました。

メニュー自体を覚えていないのが残念ですが、それは味というより野菜の素材や調理法の食感の違いを上手に使って口の中で何種類ものテクスチャーが舞踏会、みたいな感じで私の舌は大喜びで一緒になって踊っちゃいました。これが私の食感への目覚めの瞬間!食感でこれだけ満足のいく食事が作れるとは!(相変わらず大袈裟)

食感を楽しむという点で、ワイルドライスも大好きです。噛むとムチッとした抵抗感があり、馴染みのいい噛みごたえがあります。カレーの時にマノーミンを入れたご飯を炊くのも合うし、メインディッシュの付け合わせにワイルドライスというのもとてもいいと思います。

ということで、シードミックス入りパンは、サイズや味の違う数種類のシードが混ざっていて、一口ずつなんとなく違いが楽しめていいです。本当はフラックスシード(亜麻の実)入りパンが焼きたかったのですが、今日本では個人で入手するのが難しいらしく。フラックスシードが手に入るまで、このマイブームしばらく続くと思います。


ところで、食感ではなく味覚の話ですが、私の年代の人達も含め多くの人が舌の場所によって感じる味覚が違うって習いましたよね。舌の先は甘み、両サイドが塩味、奥が苦み、みたいな。あれって実は間違いなんですよ(驚くでしょ?)。

私は元々その味覚の差が余り分らないのをひっそり隠していたので「なーんだ、そうか、私の舌がおバカなわけではなかったぞ」とまたもやひっそりホッとしたんですが、騙されてましたね~。

味を感じるのは味蕾というのはそのとおりなんですが「それぞれの味を感じる別の種類の味蕾がある訳ではなくひとつの味蕾がいわゆる五味を感じる。ただし、舌の部位によって味蕾の密集の度合いは異なる」ということが1990年に証明されたんだそうです。でもそれより以前に学校で習ったりしたら、その後もずっと信じ続けてる人多いんじゃないでしょうか。

さてさて、それはそうとドライイーストだけでなく天然酵母のパンも焼いてみたいと思う今日この頃。HBの購入費はパン屋さんに行かなくなるからすぐに浮くぞと思ったんだけど、パンの材料費が大変な事に。手作りは節約ではなく贅沢だったんだよ、ワトソンくん。ほえ~。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

成功体験の積み重ねが大事

前回膨らまなかったパンドミは季節外れのクリスマスプディングに作り直して美味しく食べることは出来たものの、1回の失敗がトラウマになってパン作りが疎遠になっていました。

へこたれたまま数日間放置していたHBですが、このままじゃいけないと夕べは餃子の皮をこねてみることにしました。

全自動のパナソニックHBはどのタイミングでどんな作業をしているのか外からじゃ分りません。工程も自分でセットする訳じゃなくて、メニューの番号選んでポンです。パンドミと全粒粉、ライ麦パンのコースなど、それぞれどう違うのか知りたくて取扱説明書をひっくり返してみましたが、作業の流れと大まかな割合は出ているものの、何を何分、何を何分という細かい工程はさっぱり書いてありません。

取扱説明書自体がとても情緒的というか、これを読んで仕組みや工程を理解しようと言うのはまず無理。消費者をアホ扱いしているのね、という書き方です。いくらスイッチポンの簡単なパン作りが売りとはいえ、もう少し読み応えのあるマニュアルつけて欲しいです。料理をしない技術系の人が読んだら、内容がさっぱり理解できずに倒れること間違いなしです。

まぁこのように、へたれのくせに怒りの沸点は低い私ですが、ぶつぶつ言いながらとりあえず分った事は「うどんパスタコースを選べばケースに入ったものを15分間時々休みながら捏ねてくれる」ということです。これはシンプルです。餃子の皮はこのコースを選べば良さそうです。


それで、まずは強力粉と薄力粉を同量、お湯も殆ど同量入れて15分間HBに捏ねてもらいました。こりゃラクチンで大成功。皮は上手にできたし餡もおいしく出来たのですが、姿は写真に撮る程はきれいじゃなくて(夫は見た時に「これ、どこの餃子?」とどこかのお店のかと思ったらしいけど)。私としてはごつくて大き過ぎ。餃子・焼売のエリアはまだまだ研究の余地ありです。皮の扱い、難しいよ。

それでも、取り敢えずはうまくいったのに気を良くして今日はワッフルドゥを捏ねました。クオカのベルギーワッフル粉、ドライイースト、卵、溶かしバター、温め牛乳、など必要なものを全部HBのケースに入れてうどんパスタコースをポン。コネが終わったら炬燵保温でふっくら膨らみました。これも大成功。

ポップシュガーを入れるとその部分の砂糖が溶けて固まるので、甘さのあるベルギーワッフルの完成度アップです。

2012-04-18 11.08.05


このふたつの成功体験を積み重ねて、やっとHBの本来使用に戻って参りました。って、大袈裟ですねー。

今度は上手に膨らみましたよ。ケースから出す時に逆さに落としたら、ちょっとイタタタって凹んじゃいました。

2012-04-18 15.21.27

このパンドミにはバターも入っているから、今夜合わせるメニューはヘルシーに野菜たっぷりチキンスープとチーズ、グリーンサラダくらいにしましょう。ん?朝ご飯みたい?じゃ、夕べの残っている餃子もつける?

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

能登半島の春の海のたりのたり

2日目は日差しの暖かい晴れ上がったいい天気になりました。朝、宿の桟橋から出る小さな遊覧船に乗りました。静かな入り江をゆっくり進み、リアス式の凸凹を見ながら、のんびり気分です。

途中、生け簀で下船して船頭さんが魚の餌付けを見せてくれました。目バチマグロ、ハマチ、鯛、アジ、あと何がいたかしらん。あ、蛸壺や蛸マンションも見ましたよ。ほのぼのした生け簀で、船頭さん、実は生け簀のお魚にそれぞれ名前つけているんじゃないか?と思うくらいでした。

それから人面岩もありました。写真撮るタイミング外していますが、上を向いた顔が分りますか?あのモシャモシャ頭には実はカモメが何組も営巣しているようでした。

2012-04-15 09.51.34

外海には出ないで、なかなかまったりと楽しい九十九湾一周でした。

宿をチェックアウトした後は、飯田町の二三味珈琲を経由して、最北端の灯台までは行かない能登半島周遊コースをたどりました。

塩田の道の駅では塩田資料館(100円)に寄りました。海から海水を汲んでくる浜や塩の釜炊き小屋がとても風情があって、サスペンスドラマのロケーションにもピッタリな感じでした。塩炊き体験も出来るそうですが、今回は塩を買うだけに。

そして千枚田の道の駅で写真を撮り、輪島で箸を買って、という定番コースを回りました。飛行機の時間も迫って来るので、この辺りからはちょっと気分に焦りが。でも、能登はどこも道が空いているので、気が急く必要はなかったようです。

2012-04-15 13.44.02

私が焦ったせいで、途中でお昼も食べずに空港に来てしまい空港でランチとなりましたが、能登空港には簡易レストランが1つあるだけ。う~ん、次回は焦らずに他の場所で食べて来ようと思いました。

そんなことで駆け足旅ではありましたが、楽しかった能登。

後になって印象として残ったのは「自然が豊か」っていうことでしょうか。自然とともに生きる生活というか、自然と調和して生きている人々というか。話をした地元の方々は皆さん心が暖かく、また人との距離感の近さを感じました。
能登には日本人の心の故郷の形が残っているのかもしれません。

羽田からレインボーブリッジを渡り、ビル群の中を通って家路につけば、そこはそれ、都会暮らしが身に付いてしまってほっとする自分がいたりするわけですが、心の中の能登の印象はいつまでも残る、そんな感じかな。あは。

二三味珈琲@能登

前日夜更かしをして寝不足のまま機上の人となったのですが、そのせいかこの日、能登空港についてからのドライブで車酔いをしてしまいました。百楽荘の場所を確認するまで辛い状態だったのですが、その後お昼を食べに行く事になってやっと気分が落ち着いて来ました。気弱な食いしん坊は、こういうことで立ち直るんですね。

百楽荘では、宴会が入っていて忙しいのかチェックインの時間前のせいか、スタッフが手薄で、変な時間に立ち寄った客には対応できないようでした。それでも、なんとかお薦めレストランを教えて貰って、日本海俱楽部という地ビールのレストランに向かい、小さくて分り難い看板に翻弄されつつも約20分ほどで到着しました。

夫は能登半島全体の取り組みで、それぞれのレストランがメニューを凝らしている能登丼を頼み、私は海鮮お焦げ丼とサラダです。海鮮お焦げ丼はホカホカで優しく、食べるに連れて元気が出て来ました。夫が頼んだこの店の能登丼はパエリア風。上に乗っている海老や牡蠣、その他諸々の海鮮がすごく新鮮で特別に美味しかったです。地ビールのレストランなのにビールが飲めなかったのはとても残念でした。

お腹の満たされた私は徐々に元気になってきました。この日は朝からゆっくりとコーヒーを飲めずにいたので(機内で300円コーヒーをすすりはしたけど)、ガイドに載っていた珠洲のカフェ・ド・ランプの場所を尋ねると、人柄のよさそうな店員さんが「カフェ・ド・ランプは二三味珈琲が飲めるんですよ、ちなみに二三味珈琲の本店カフェはこっち」と地図に印を付けてくれました。「二三味珈琲っていったい???」と思いつつも、美味しいコーヒーに向かってGo!

途中、見附島には立ち寄って小石を拾ったり。

2012-04-14 15.15.43
2012-04-14 15.06.58


別名軍艦島と呼ぶそうですが、本当に軍艦のように見えましたよ。


飯田町に到着して、大きな壁にイルカがジャンプしている絵の書いてあるカフェ・ド・ランプを見つけました。外観はちょっと意外な感じです。近寄ってみるとン?今日はお休みだー。中をのぞくと木のテーブルとチェアの落ち着いた感じで外見よりはずっと良さそう。メニューも洋食が色々ありそうです。桟橋にある一軒店なので窓からは海の景色の見られるいいムード(ただし店内)のお店でした。

そして、カフェ・ド・ランプには振られたし、e'cafeはちょっとカジュアル過ぎる感じがしたので、二三味珈琲本店に向かいました。

2012-04-14 16.25.53
2012-04-14 16.26.36

素晴らしい~!

コーヒーもケーキも最上級です!

オーナーの二三味さんは成城のマルメゾンでパティシエ修行、合わせて千歳船橋のホリグチでコーヒー焙煎を修行したそうです。なんだか私たちにとって馴染みある地名にこんな所で出会うなんてと思いつつ、白と木を基調にした落ち着いた店と雑味の無いスッキリしたコロンビアベースの舟小屋コーヒー、甘さも味も絶妙の美味しいケーキにしばし時を忘れてホッとしました。夫は二三味ブレンドがいたく気に入った様子。

2012-04-15 12.38.00

そして、ここの珈琲が気に入ってしまった私たちは、翌朝もドライブ途中に来てしまったのでした。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

能登半島の桜はまだ

能登空港が出来て東京からのアクセスがよくなった能登に行って来ました。今回は今後の法事旅行の下見を兼ねているので夫の企画、私は乗っているだけのラクチン旅でした。


最初のうちは七尾の有名旅館にしようという話もあったのですが、大規模旅館の良さを楽しむ機会は別にもあるだろうという話になり、今回はこじんまり、プライベートでスペシャルな感じを出そうと、九十九湾の百楽荘を選択。

通りから門をくぐった後、九十九湾に張り出している細い出っ張りの尾根のような一本道を進んで行くのはちょっと頼りない感じがしますが、一番奥に建物があり、宿の方がお迎えしてくれていました。受付の際に出して頂いたウェルカムドリンクのローズティーが旅の疲れを癒すようなほんのりした甘みで嬉しかったり、館内の案内などスタッフの方々の接客レベルの高さに感心しました。ただ、客室はちょっと古くてなんか落差がありました。あとで入った海洋深層水の洞窟風呂や展望風呂と外の壺風呂などはきれいに手が入っていて、ゆったりとお湯を楽しむことが出来ました。

一番驚いたのは夕食の質と量。予想外の素晴らしい夕食で、頂きながら驚きと喜びで半べそ。スタンダードの懐石でも十分過ぎる量ですが、この日、お刺身とアワビの踊りを別注してあり、本当に堪能しました。スタンダードメニューのカニの酢の物も、小鉢ではなくひとりにいっぱいずつ甲羅の中にたっぷりのカニ肉が入っていて、足の身とカニミソまで積み上げてあるのをみて、食べ切れるかとめまいがした程です。それでも美味しさのあまり残す事なく頂いてしまいました。もちろん、先付けや煮物、焼き物など、どれをとっても丁寧な味付け、盛りつけで、小さい所にも心憎い配慮や手仕事がされていて、心から満足しました。

旅館は面白い作りで、地下にあるプライベート桟橋で釣りも出来ます。ド素人の私が15分くらい糸を垂らしただけじゃ一匹も連れませんでしたが、他の方々はアジなど釣って夕食に唐揚げで出してもらったりされたようです。マイ釣り竿持参の太公望の方々もおられて、季節ごとにいろいろな魚が釣れるとのこと。

いい所、気になる所、色々と取り混ざっていて、滞在中に評価が上がったり下がったりしたのですが、最後は全体的に大満足という評価になりました。なぜだろう~?やはり、若いスタッフの方達の一生懸命で心のこもった丁寧な対応や、良くして行こうという努力が館内のムードに漂っているところがいいのかもしれません。あちこちに配された生け花も見事に美しく、旅館の格を上げています。建物自体は古くても、ソフト面が優れているということなんでしょうか。改善点はあるにしても、結局私たちはふたりとも満足して法事の予約をお願いして宿を離れました。

ところで、宿からは九十九湾内が見えます。水がきれいで静かな海です。また今年は桜が遅くまだだったのですが、うぐいすが鳴いていました。リアス式の湾の張り出している部分は樹々やシダで覆われていて、そこで鳴くうぐいすの声が緑の中、海の上を渡って響き、とても風情がありました。静かで心が落ち着く場所だったことも付け加えておきます。

ということで文字ばっかりですみませんが、本日は旅館についてでした。放浪の記はまた別途。



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

転んでもただでは起きない

毎日食べる事ばかりですが。

今朝はパンドミの良い香りに誘われて起きたのですが、HBのフタを開けてビックリ。初回のように膨らんでいません。んー、夕べも慎重に計量して、水も冷やして加えました。最初に作った時と同じ材料です。ドライイーストも、プラスチック容器で計ったら静電気でイーストが跳ねまくるものだから別の容器に入れ直してしっかり計量したのに。

使っているレシピ本が水分量を限度いっぱいまで加えるレシピなので、温度や湿度などちょっとした事で失敗するのかもしれません。パン作りの要領もコツもまったく知らず、すべて本と機械任せなもので、失敗の原因の見当すらつきません。パンの匂いは最高にいいんですけどねー。

2012-04-11 07.37.11

この膨らまなかったパン、外側はパリッとしていますが、中身は水分の多いもっちりした生焼けな感じです。皮はそれなりに食べられるけど、中身はいただけません。がっくりしました。いい小麦粉使っているんですよ。あー、もったいないー(泣)

ケチでせこい私は落ち込んでグッタリしました。が、ケチでせこいもんですから自然とどうにかする方法が思い浮かんできました。「そーだ!パンプディングならきっとこの失敗パンを使って作れる!」

と言っても、フレンチトーストみたいなものではなくてイギリス風パンプディングが食べたい。ということで、なんちゃってクリスマスプディングにトライしてみました。読んでる本があったので外出せずに家にあるものだけで適当に。

2012-04-11 18.47.29

材料は、ほんっといい加減ですが、大体下記のようなものを混ぜてホロホロにほぐしたパンとよく混ぜました。

膨らまなかったパン 240g位
卵3個
溶かしバター(ケンネ脂の代わり)60g
マスコバト糖 60g
レーズン 50g
すったレモンの皮 半個
レモンの絞り汁 半個
生姜汁 大さじ2
全粒粉 20g位
柚子ブランデー 大さじ2
シナモン、ナツメグ、クローブ 適当に

170~180度の湯煎オーブン80分で出来ていました。粉もふるわない、泡立て器も使わない、順番も関係ないっていうことで本当に簡単でした。

頂きましたが、元々のパンが重めなので出来上がりもそれらしくずっしり。全粒粉は必要なかったかもしれません。バニラビーンズやナッツ類があれば欲しかったですね。甘さは控えめでした。

本当のクリスマスプディングはその家ごとの秘伝があって伝統的な大事な行事なんですよね。混ぜる時には家族一人一人が順番に願いごとを唱えながら混ぜたり、コインや指輪を入れて蒸し上げて、一ヶ月寝かせて食べる時にはそれが当たった人に幸運が訪れるという占いにしたりとか。憧れます、古き良きイギリスのクリスマス(って、また季節外れな事を)

ま、これは”なんちゃって”なんで直ぐ出来るし、失敗パンの行く末としてはとっても上等だと思いますよん。

ビタントニオ活躍中

残りご飯があったのでホットサンドプレートで焼きおにぎりというかプレスおにぎり?を作ってみました。

2012-04-10 17.23.03

中身は朝と同じで鮭、タマネギ、チーズ。それに青のりとお醤油を足しました。三角の一個一個が小さいと思っていたけど、こんもりと盛りつけて、上のプレートでぎゅっと押さえるようにしないと両面がカリッと焼けません。そうすると三角一個につきお茶碗一膳分位は十分入ります。

焼き上がると表面がパリパリお焦げになって、ちょうどチャーハンの焦げたところみたいな感じ。中も熱々になるのでチーズは溶けて姿を消してますが、食べれば味と香りで分ります。

乗せてあるプレートは小さそうに見えるけど、実は大きいです。プレスおにぎりの三角の長い辺は15センチあって、手にもって食べても結構大きさありました。

あ~、でも美味しい物に出会ってしまった。これはしばらく色々なバリエーションで試してしまいそう。そうだ、そうだ、胡麻なんで入れたらまたよさそうよね。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

新巻鮭の行く末

今朝の天気予報で「今日は蒸し暑くなるでしょう」と言っていました。今年は春が遅いと思っていたら、あらら、いきなり夏ですか?

そんな季節からは外れていますが、年末の新巻鮭の話です。我が家ではまずは三分の一位をお正月用にマリネにします。これは家族の好物でリクエストがあるので毎年作ってます。それと寒いうちに粕汁。焼き鮭でも登場。この辺りまでは自然と頂くのですが、必ず切身が何切れか冷凍庫に長居することになっちゃうんですよね。ここでやっと季節が追い付きまして、

そろそろ冷凍庫のそれらを片付けようと、夕べ解凍して焼いちゃいました。昨日は切身をご飯とお味噌汁で頂き、まるで朝ご飯メニューの夕食、で、今朝はパニーニにしました。鮭、タマネギ、チーズを先日のパンドカンパーニュではさみました。

2012-04-10 08.08.29

ベストパニーニとは言わないまでも、なかなか美味しかったです。次回はハーブも入れよう。

残りの鮭は、ほうれん草と一緒にクリーム煮になる予定。
あとは氷頭も作らずに、粕汁にも入れずにそのまま冷凍庫で残ってしまったお頭をどうしようおかしら~(自爆)

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

#30:紅花オレンジ石けん

【紅花オレンジ石けん】

2012-04-09 21.33.37

春に向かって柑橘系の香りのキリッとした石けんが欲しくて作りました。レッドパームオイルのオレンジ色がきれいで、香りもきりり。バスルームが明るくなりそう。


オリーブオイル 45%
レッドパームオイル 20%
ココナッツオイル 15%
ひまし油 10%
ラード 10%

H2O 30%
ディスカウント 10%
オプション 紅花
精油 リッツェクベバ、シダーウッド、マージョラム、イランイラン (Gromit Blend)
Batch 1200g
4/7/12

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

tag : 手作り石けん レッドパームオイル 紅花

#29: 春の贅沢石けん

【春の贅沢石けん】

2012-04-07 15.02.02


冬の贅沢石けんと見た目そっくりです。オイル構成も似ていますが、アクシデントでどうもホホバオイルを入れる予定のところをアボカドオイルを使ってしまいました。こんな間違い初めてです。ホホバオイルの鹸化価はアボカドオイルの半分位。う~ん、これは保湿たっぷり石けんになりますね。

オリーブオイル 40%
スイートアーモンドオイル 15%
アボカドオイル 5%
ひまし油 10%
ココナッツオイル 15%
高融点パーム 10%
ラード 5%

H2O 30%
ディスカウント13%
精油 オレンジスイート、ベンゾイン、フランキンセンス
オプション ローズクレイ
Batch 1200g
3/28/12

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

tag : 手作り石けん ローズクレイ

初めてのホームベーカリー

初めてのホームベーカリーで作ったのはパンドミです。と言っても、パン作りの部分は機械がやってくれるので、私は材料揃えと計量をしただけ。部屋中にいい香りをさせて焼き上がったパンは、皮がパリッとして中はモッチリふわふわ、パン屋さんのパンドミに負けない仕上がり。焼き上がりのアツアツを無理矢理スライスしてとても美味しく頂きました。それで、感激のあまり写真取るのをすっかり忘れてしまいました。

上手に出来て安心したので、寝る前に翌朝用のパンを仕込みました。今度は全粒粉とライ麦の入ったパンドカンパーニュです。油脂が入らないのでさっぱりしすぎるかと思って、代わりにひまわりとカボチャのタネを刻んで入れました。

2012-04-08 08.21.37



パンドミはパンケースから上にふっくらと盛り上がりましたが、全粒粉とライ麦粉が3割を少し越えるパンドカンパーニュだと釜伸びせずにごろんと小さく出来上がりました。この位だと食パンスカットガイドの高さの中に納まります。

2012-04-08 08.28.43



う~ん、美味しい。ライ麦と全粒粉の香りや歯触りがよく出ています。それに高加水のレシピのせいか、しっとりもっちりどっしりして、パンを裂くとも~っちり延びる感じ。そしてクリームチーズを薄くぬるとこれがまたよく合います。じっくりと噛み締めながら、コーヒーとこのパンで十分なご馳走あさごはんとなりました。


ホームベーカリーでつくるシニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパンホームベーカリーでつくるシニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパン
(2010/11/23)
志賀 勝栄

商品詳細を見る


HBが焼けると宣伝している軽くて白くてフワフワの柔らかい食パンは苦手なので今まで購入の決め手がなかったけれど、このレシピ本を見てHB購入を本気で検討する気になりました。お友達の家で食べさせてもらった雑穀ミックス粉のパンもおいしくて後押し。材料を揃えるだけでこんなに美味しい本格パンが家で焼けるなんて、すご~い。

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

tag : 手作りパン ライ麦

家電を買うのは悩ましい

気になっていたホームベーカリーを買いました。
ところが、このお買い物が思いのほか大変だったんですー。どんなことかというと。

まずは機種選定が大変でした。各社から色々な機種が出ているんです。

最終的にはM社とP社で迷って、結局はデファクトになっているP社を選んだのですが、同じP社でもよく売れたモデルのあとに最新モデルが3種類も出ていて、それでまた比較して悩みました。よく売れたモデルはレシピ本が何冊も出版されているけどそのせいで品薄でプレミアム価格。最新モデルは機能がよくなったけどレシピ本はまだなさそう。

そんなこんなをウェブを見て悩んでいるうちに、なんと!

価格も一定でないことに気がつきました。日々変わる。最低価格が変わる、提示する店も変わる。直近1ヶ月から2年くらいの価格動向がグラフで出ちゃうんだから無視できません。昨年7月の発売当時の初値から比べると最安値は40%位は安くなっています。

いつ、どこで、どれを、誰から、幾らで、どうやって?なんて、5W1Hじゃないけど、タイミングとの兼ね合いでいいものを安く賢く買おうと思うと、ほ~んと大変。

悩みループに入って何日も抜け出せなくなりました。

迷ってばかりでなかなかパンが焼けないので自分でもあきれて「はずみをつけての外堀埋め」という秘策を発動しました。あまり悩まずに買えるワッフルメーカーを買い、そのためのワッフル用ミックス粉を買いに行って、ついでにパン用小麦粉類やイーストを買い、勢いでアマゾンで微量スケールやカットガイドをオーダー。ここまでくるとパン焼き関係で持っていないのはHB本体だけ。

それでやっと「何でもいいから早く買おう」と思い切る事が出来ました。めでたし、めでたし。

って、我ながら面倒臭い性格ですね。はずみをつけるために買ったワッフルメーカーがよっぽど高くついてます(いいんです、大活躍してます、欲しかったんです)。


ところでP社の機種名のアルファベットですが、Bはベーク、Sはスチーム、Hはハード系パンの略と思われます。Mですか?それはねぇ、



餅でしょう。

これに気がついた時にはなんか微笑ましい気持ちになりました^-^

テーマ : こんなの買いました
ジャンル : 趣味・実用

tag : ホームベーカリー ビタントニオ ワッフルメーカー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。