スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sony Reader 新機種が値下げですね

Sony ReaderのWiFi版が新発売になって価格が下がったニュースを読みました。

新しいSony Readerですが、 WiFiバージョンで9980円。9月21日発売なのですが事前予約をすればSony Storeで1000ポイント、10月20日までに購入して製品登録すれば早期購入特典として1000ポイントつくということで、それをすれば実質8980円。

現行機種もかなりの値下げで価格が変わっています。3G版が14800円、Wifi版が8980円、文庫本サイズ版が7980円とKoboともKindleとも絡む価格帯になっています。やれば出来るんだねSony!

WiFi版の新旧の違いは、現行版はMP3など音楽ファイルが扱えるけど新機種はその部分がカットされていました。その代わり新機種はバッテリーの性能がかなりアップした模様。他は厚みが0.4ミリ厚くなったのと、イアフォンジャックがなくなったこと、操作ボタンが格好よくなったということらしい(微妙に厚くなってもKoboよりは薄い)。

Koboも電子書籍リーダとしてはいい製品だと思いますが、いかんせんストアの充実やサポート体制が。言うまでもなくKoboよりSony Readerを選んでしまいますね、蔵書量が現時点でSony6万冊、楽天3万冊ですから。

もう一種類、日本版発売宣言してなかなかブツの出て来ないキンドルですが、USでの発売後あっという間に売り切れたというKindle Fireの後継機を日本化するという噂も流れているので、う~ん、クリスマス商戦に合わせるのか、年を越すのか。。あ、ここで一句、

”待っている間だけでもSony Reader 買える気がする新価格帯” (あは)


楽天では、Koboを発売してすったもんだになった後にKobo事業責任者の採用情報が出されて、その業務範囲のあまりの広さと不思議なグローバルビジネス用語の羅列がネットで話題になったようですが、いろんな状況を考えると「火中の栗を拾う」どころじゃない大変なポジションだなぁと思いました。

我が家は、私はKindleで電車での移動中のみに英語のミステリー小説、夫はKoboで青空文庫をジワジワと読んでいて、ゆっくりした時間の流れの中にあります。セカセカと次にいこうとは思わないので、Readerの新価格は魅力あるけど今のところは間に合ってるかな。

ただiPadを買わずにいるので、Kindle Fire後継機が日本化されて発売されたら危険かも(爆)
スポンサーサイト

漫画読んでご機嫌Kobo

テルマエ・ロマエを読み進めているうちに、一気に「Kobo万歳!」な気持ちになってきました。

パソコンの画面で、古~い本をスキャンした芥川龍之介の「白」を読んでも感動したけど、面白い漫画を読んだらもうそれまでのことや、なにやらどうでもいい気持ち。

薄くて軽くて、気軽に持てて、Koboいいじゃん!って思ってきた。ほんと、早く色々なコンテンツを充実させて、イーブックストアも人気書店の棚並べなんかを取り入れて、いい本屋にして下さいね~!

KoboのWifiで本を買う

WiFiが繋がったので、ここから本を買ってみました。WiFiは繋がった後にKoboに情報が同期されるのにちょっと時間がかかる気がします。繋がってもしばらくは空っぽな感じだったので、その間パソコンのKoboDAを立ち上げて本を探しました。

なんだか余り読みたい本が売ってないし、すぐに古そうな英語の本なんかが出て来るのであまりウキウキしません。エッチ本も混在で出て来たりするし、古本屋の店の前に並べてある安売りワゴンの中みたいな印象。新しい書籍が余りないにしても、せめて並べ方をもう少しマシに(っていうか本屋さんらしく)して、早くいいブックストアにして欲しいです。

これだという本も見つからなかったのですが、夫用に勝手に選んでいて、ふと夫が最近ドラマになった研修医の話の作者の話をしていたのを思い出し、その本を探してみました。「研修医純情物語」です。

さて、タイトルが分かったのでKoboに戻りました。

ホーム画面の下部真ん中の「本を探す」をタップして「ストアを検索」を選びます。(左上の虫眼鏡アイコンでも同じ画面に行きます。)そこで本のタイトルの一部「研修医純情」と入れてみました。

DSC00266R_20120724114625.jpg

パソコンで調べたので、パソコン画面にも出ていますが、Kobo画面にも3冊出て来ました。ここからシリーズ最初の「研修医純情物語 先生と呼ばないで」を選んで「購入する」しました。

DSC00268R.jpg

既に楽天のアカウントが同期されているので、このまま「購入する」すれば登録してあるクレジットカードからの引き落として購入となります。

引き続き漫画も買いました。ワイン蘊蓄漫画?の「神の雫」にしたかったのですが、どれが1巻目なのか解説に書いてなく、画面が小さくて表紙からも分からなかったので止めました。説明に漫画の巻数が書いていないって、本当に不親切です。

なので巻数が表紙に大きく書いてあって分かりやすかった「テルマエ・ロマエ」を購入しました。(もちろん内容も読みたかったんですが。でも、ちょっと楽天にもう少しブックストアの内容について仕事して下さい的な「いぢわる」な気持ちになって、こんな書き方になっちゃいました。)

画面後ろで分かる通り、KoboのライブラリとパソコンのKoboDAのライブラリは自動的に同期されています。また、Koboのトップページ(ホーム)の青空文庫のイラストが、買った本に変わっています。

DSC00270R.jpg

この他、トップページの「本を探す」から特集を見ると特集の本がリストアップされたりして、ちょっと使える気分がしてきます。

DSC00269R.jpg

最後に追記しておくと、左上のギアマークの「設定」を選ぶとWiFiの設定だけでなく他の情報も見られます。リストの一番下の「その他」を開けてみると、

DSC00271R.jpg

という画面になって、メモを取ったり、数独が出来たり、ウェブが見られます。ウェブはグーグルがホームになっていますが、カスタマイズ出来そうです。でも、反応は遅いし画面は見難いのでスマホやiPadの代わりには成り得る感じはないですね。。。

段々と、厳しい評価になってきてしまいましたが、なんと言っても書店にいって「わぁ、知の集積~!!」みたいな感動をKoboから受けられないがないことが一番イタダケナイです。それで盛り下がってしまった感じですね。

電子書籍リーダのハードとしてはアリだと思うので(反応遅いし、フォントも増やして欲しいけど)、今時点ではコンテンツをどうやって入手するかということを自分なりに工夫してうまく使うということ、後は楽天がどこまでコンテンツやブックストアの内容を磨いていってくれるか、がキーですね。

早く、ソニーのストアが公開になってほしいなぁ。。。(大爆)
とかいいながら、夫より先に漫画読んじゃおっと~!!



KoboのWifi設定

夫がKoboを置いていったので、昼間のうちにWifiを設定することにしました。

まずはKoboの上辺のスイッチをスライドしてONにします。

ホームのページがでたら、左上のギアのマークをタッチというか、タップ(同じだけど)します。すると下記の設定ボックスが表れます。

DSC00260R.jpg

そして、左下の「設定」ボックスをタップして、WiFiの設定にすすみます。

DSC00261R.jpg

が、なぜかWifi設定の項目はでて来ません。ここは下から4つ目のワイアレス接続を選んでタップ。「WiFiの設定」って書いてくれればいいのですが、この辺の用語が揃ってないので分り難いです。

DSC00262R.jpg

次にこの下の欄の「WiFiに接続する」の「接続」をタップします。すると現在検知した無線LANの名前がリストアップされますので、自分が使う無線LANの名前を選びます。

ここら辺の作業全般に感じたのですが、どうもあちこちで微妙な時間のかかり方がする気がします。Kobo自体に情報が回るのに時間がかかるというか、表面的な反応は早いんだけど実は理解が行き渡るのに時間がかかっているというか。人間でもそんな人、いますよね~、そんな感じです。なので、一回やってうまく行かなくても、ジワジワとやっていると急にサクサクっとうまくいったりします。気長にどうぞ。

私は、この「微妙に時間がかかる」ために最初は「WiFi設定」のチェックボックスをオフにしないと(タップしてチェックを外す)次の「接続」作業がうまく出来ないと思ったのですが、今はそんな感じがないのでたぶん時間的なズレのせいでの勘違いだと思っています。でももし、普通にやってうまく「接続」作業が出来ない人は、試してみてください。私はもう再現できないので、どっちが本当か検証出来ません・・・。

DSC00263R.jpg

そして「ログイン」の画面になりますので、ここで自宅の無線LANのパスワードを入力します。

画面下方にキーボードが表れますので、まず右下の「英数」を押して英字数字入力にしておいてパスワードを入力します。左下の「?123」を押せば数字キーボードが表示され、同じキーが「ABC」になります。「ABC」を押せば英字表示に戻ります。

パスワードが入力し終わったら、キーボードの「入力」を押して完了です。タイプする前にKobo画面の「パスワードを表示」を押せば、パスワードが ●●●●● ではなく、タイプしたままで見られるので確認がしやすいです。

これで自動的に、自分の選んだ無線LANに接続されるようになります。

DSC00249R_20120724114621.jpg

これでWiFi設定は終了です。右上のXを押せばホームに戻ります。
次は、WiFi経由で本を買ったり、デスクトップアプリとの同期の様子などを報告します。

関係ないけど、上はお気に入りのカレー屋さんの象さんコレクション。小さいのが沢山あって面白いです。夏は特にカレーがいいですよね。時々はお店のカレーを食べに行って私の象さん写真コレクションも増やしたいです。

Koboはモリサワが読みやすいかも

Koboで無料本を読むには、モリサワフォントがクッキリはっきりしていて読みやすいかも。

活字の本に親しんで来ているとこういうムードのないフォントには抵抗感がありますが、読みやすさという点で軍配が上がってしまう。フォントと文字サイズは簡単に変えられます。

画面中央をタップすると下の方にメニューバーが表れます。AAのアイコンをタップすると設定変更のボックスが出て来ます。

DSC00257R.jpg

一番上のフォントのボックスの中から、メニューでモリサワを選び、その下の文字サイズもプラスを押して少し大きくしました。

DSC00256R.jpg

ボックスの外の画面をどこでもタップすると、この設定ボックスは消えます。

それから、ライブラリーの中に”Koboにようこそ”というタイトルがあって、それを開けると基本的な動作の説明が出ています。まずはこれを見ておくといいと思います。

DSC00258R.jpg


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。