FC2ブログ

フォルモサへ: 台湾旅行その5

最終日、5日目。

台北のお天気はやはりイマイチ。今回の旅では、晴れていたのは初日だけでした。
 
 冬でも暑いと聞いて来ましたが、12月の気温はTシャツに薄い長袖ジャケット(日本なら夏の冷房対策程度)で丁度いい感じでした。でも、現地の人の装いは半そでからダウンまでバラエティに富んでいました。

 夏が暑いので少し気温が下がると寒さを感じるのかもしれません。高山地方に住んでいるのかもしれません。もしくは、冬のお洒落がしたくて、そんなに寒くなくてもブーツとコートを着用するのか。

 あ、あと、スーツを着た人は殆ど見かけませんでした。東京だと街にも電車でもスーツ姿は普通に見かけますが、台北では殆ど見ません。ほぼ100%、カジュアルから部屋着までの生活者スタイルです。私にはとてもいい感じでしたが、台北は国の首都、政治や経済を回す人々はどこにいるのだろう、と不思議に思ってしまいました。行天宮辺りにはいないのか、そういう人は車を使ってMRTには乗らないのか、謎です。

 そういえば、今になってよくよく思い出してみると、ボストン辺りでもスーツ姿の人はあまり平場にいなかったかも。どこかしこにスーツ姿の人が溢れている東京の方が少数派かもしれません。

さて。

 最終日、荷物をホテルに預けてチェックアウト。MRTで故宮博物館近くの士林へ移動しました。バス停で、中国語で「そっちに乗ったらダメ、ここで待てば入口まで行けるバスが来るから」と熱心に教えてくれる台中から来たという中国人のおばちゃんがいました。言葉が分からなくても意味が分かるって、面白い。

 西洋人連れのガイドさんにも同じことを説明していましたが、なんとそのおばちゃん、西洋人の中のスペイン語の人とスペイン語でベラベラ話はじめて、驚きました。インターナショナル~!

DSC_0669 (640x320)


 故宮博物館、30年前はありとあらゆる宝物がガラスの陳列棚のジャラジャラに並べてあってとてもみきれない状態でしたが、整理されて、点数も減らして、みやすい展示になっていました。玉翠白菜は、なんと、台中から見に来たおばちゃんとすれ違いに台中に行っていて写真だけでした。

DSC03524 (640x427)


DSC03519 (640x426)

ミーハー的に「観た見た」と通り過ぎ。

その後ゆっくり、書、磁器、仏像など、観て回りました。80点くらいしか現存しないという如窯の作品数点がみられたのは良かったです。

DSC03530 (640x427)

30年前に感じた圧倒的な宝物の物量というプレッシャーはなく、展示スペースも小さめであっさりしていると感じました。ミュージアムショップが、とても高価なもの少しと、あとは山の様な土産物が並べてあり、ガッカリ。

お昼は、別館の地下で食べました。

連れ合いが、豪華にも火鍋を頼み、

DSC03533 (640x427)

 私は定食。普通に美味しかったです。

DSC03532 (640x427)

 行天宮まで戻り、今回の旅行で初めて珈琲飲みました。GEORGE HOUSE という珈琲専門店です。

DSC03540 (640x427)

 ブラックがお薦めといって、豆を挽いたあと「香りを聞いてください」と、サイフォンの頭部ごと持ってきてくれます。くるくる回して空気を入れて「違いを感じてください」、手で温めて「聞いてください」と、丁寧なプロセス。その後、サイフォンで淹れて、グラスとカップの両方でサービス。味の違いを楽しんでください、とのこと。美味しいコーヒーでした。

 ということで、珈琲で〆た台湾旅行。夜の便で東京に戻りました。

  下調べなしで行くことになってしまった今回の旅行、帰って来てから、立ち回り先が大分偏っていたんじゃないかと感じています。それにしても、一番感じたのは、台湾の人々のお節介で温かい感じと治安の良さです。台湾は、知れば知るほど楽しい旅が出来るような、今はそんな気持ち。きっとまた行ってしまう。


スポンサーサイト

フォルモサへ:台湾旅行その4

 台湾4日目。

 台北は雨予報。台北駅から昼前の新幹線に乗ってお天気のいい台中に向かう日です。

 連れ合いが、午前中は前日に行けなかった茶館に行こうと発案してくれて、時間を合わせて迪化街(ディーホアジェ)に行きました。MRT雙連駅で降りて、目的の「臻味茶苑」まで徒歩約20分ほど。

DSC03472 (640x427)

 歴史の味わいたっぷりの建物でゆっくりとあれこれ試飲させて貰い、小さい茶壺一個と梨山伝統茶を購入。使いやすかったのに、荷物が増えると思って買わなかったここの蓋碗、あとになって買うべきだったと後悔しきり。

 それから、この店は「林五湖故居」(読めない)という迪化街の始まりになった3軒の家の一つだそうで、福山雅治が2014年に台湾観光局のCMを撮影した場所でもあるそうです。

 さて、この後は高鐵で台中です。新幹線の切符は外国人なら旅行代理店で2割引で購入できます。私たちは、前日kkdayでネット予約、クレジット決済してクーポンを得ていたので、高鐵の窓口でスマホのQRコードを見せて指定席切符と引き換え。パスポート持参が大事です。台北ー台中の片道が2,000円程度でした。

 そして、改札を入ったところで、高鐵弁当3番を買いました。3種類あって、1番が豚、2番が鶏、3番はベジタリアン。お腹が減っていて、新幹線に乗るまで待てず、待合所で食べてしまいました。3番は、おかずの下が白米ではなく黒米などを混ぜ込んでありました。

line_1545624094888 (1) (480x640)

 新幹線に乗って台中は1時間足らず。車内は日本の新幹線と似たムードで、車内販売もやってきます。でも、ゆっくり楽しむ間もなくあっという間で台中。

DSC03486 (640x477)

外の景色は広々~。青空~。

DSC03487 (1) (640x411)

台中の街は高鐵台中駅からは離れています。大きくて近代的なコンコースを台鐡の駅にちょいと歩いて移動。この駅は「新烏日」という名前で、「臺中」駅は乗ったら3つめでした。

DSC03493 (640x427)

さて、この日、台北は雨模様でしたが、台中は青空のきれいな最高のお天気。まずは宮原眼科というお菓子やさんへ。ここで台中滞在中の友人と会って茶荘へ行く約束してます。

DSC03499 (403x640)

 台中駅を降りて、宮原眼科と紙に書いて人に道を訪ねたら、日本人の方で親切に教えてもらいました(^^♪駅から直ぐです。アイスクリームの行列がすごくてビックリ。テーマパークのように店員が可愛いユニフォームで迎えてくれました。日出パイナップルケーキの「土鳳梨酥」を購入。甘さ控えめでパイナップルの酸味があってとても美味しかった。丸くて大きすぎないサイズ感もよかったです。あとで調べると台中でしか買えないらしく、また食べたかったら行かなくちゃいけないらしい。

 建物は、日本人が眼科として建てたものを利用していてノスタルジックなムード。内装が何となくハリーポッター風で面白かった。上の階には茶館もあるようです。アイスクリームは行列すごすぎ。

 そして、友人と無事合流し、バスで「耕読園 市政店」へ向かいました。

こんなビルの立ち並ぶ先に、昔ながらの茶館がたたずんでいます。

DSC03505 (640x427)

茶館の門。
DSC03508 (640x427)

そして、池と蓮と鯉と亀はお約束。

DSC03513 (640x427)

まったりとした時間を過ごし、帰りはもう薄暗く・・・。お茶を飲みながらお喋りし、時を忘れて楽しく過ごす本当のお茶時間を堪能。友よ、ありがとう。

DSC03517 (640x427) (640x427)

クリスマスディナーを火鍋で楽しむと言うご夫妻と別れ、私たちは高鐵で台北に戻りました。台北の雨もほぼ上がっていて、教わったお粥の店でクリスマスディナーとしたのでした。満足の夜でした。

DSC_0668 (640x320)

翌日はもう最終日。帰りの飛行機は遅い便なので、故宮博物館へ行きます。

フォルモサへ:台湾旅行その3

 台北3日目。

 初日に茶藝館に行き、2日目に茶器を買ったので、3日目は茶葉のお店にいってみますかとなりました。それで、ホテルの朝食後に、ネットで茶葉の店を調べたり、翌日の新幹線のクーポンの予約をしました。

 そして、まずは永康街に行きます。「天津葱抓餅」が、前日みた時より行列が短かかったので、つい食べてみたくて並びました。一枚分ずつの生地がビニール袋に丸めて入れあり、それを袋から出してプレス機でつぶして焼いています。焼けた生地を隣の鉄板に移して、金属ベラを両手に持ち、ヘラの角で生地をメタメタに痛めつけて、要望の具を入れてたたむ、そんな工程を眺めながら待ちました。アツアツ、モチモチで美味しかった~。

DSC_0637.jpg

 小さいサイズの永康公園で葱抓餅を食べながら周りを見回すと、公園沿いの西側の道に中国茶関係のお店が何軒も並んでいます。まずは「沁園(チンユェン)」できれいな茶器類を眺めて、次は隣の「王徳傳(ワンダーチュアン)」に入って試飲をさせて貰いました。壁に並べられた赤い茶缶が素敵です。湯沸しには日本の鉄瓶が使われていて、台湾的お洒落なセンスを感じました。ここでは友人に頼まれていた四季安尚烏龍茶を購入しました。

DSC_0641.jpg

 そのまた並びの、陶作坊が若者向けに展開している「不二堂」も覗きます。
 
 4軒目は永康公園の南側にあるニールズヤードの隣の細い路地を入ったところにある「冶堂(イェタン)」。前庭に植物がありゆったりした構え。中に入ると広い空間に骨董的な家具が置かれ、とても落ち着いた大人のムード。

DSC03467.jpg

 店主に凍頂烏龍茶を出してもらい、ゆっくり。その烏龍茶と、80代のおじいさんが作っているという薄口の茶杯や洋梨型の茶壺などを購入。買ったお茶に適する淹れ方も教わりました。そして、このあたりで空港で両替したキャッシュがほぼ尽きました。

 ランチ後は、龍山寺駅の「春點茶饗」を目指します。駅の近くのはずがよく分からずに、労働者の街的な龍山寺をチョロチョロ。結局、駅直結地下街?のB2で発見し、鳳凰水仙を試飲して買いました。長居せずにサッと買ったら、試飲用に入れたお茶の2煎め、3煎めをまとめてグランデサイズの紙コップに入れて持たせてくれました。持ち歩くのが面倒だったけれど、あとで夕食に入ったお店で美味しいお茶が飲めてとてもありがたかった(食べ物屋さんは飲み物の持ち込み自由)。

 その後、TMRで中山駅に移動。こちらは三越やハイクラスホテルのビルが立ち並ぶハイソで近代的な街。土日も夜遅くまで営業していて、銀行と同じ交換レートで手数料なしという情報を読んで「昇祥茶行」に両替に行きました。そして「新純香」にまわって試飲させてもらい、ドライフルーツやドライきのこなど購入。

 中山駅に戻った頃には雨が本降りになっていて、歩き回るのも辛くなりました。もう一ヶ所行ってみたいところがありましたが、時間も遅くなったのでこちらも終了としました。中国茶関連は大体これで終わりとして、あとは新幹線と故宮博物館です。



フォルモサへ:台湾旅行その2

台北2日目。

 ホテルで朝食を摂りながら、この日の相談。滞在の後半が雨らしいので、故宮博物館や新幹線をそっちにまわすことにして、茶器を買いに鶯歌(インゴー)に行くことにしました。開店時間が11時過ぎらしいので、昼頃までホテルで一仕事。その後、のんびり出掛けました。

 台北駅から、台湾版JRの台鐡に乗って30分ほどの「鶯歌」に陶器街があり、そのうえ「陶作坊」という高級茶器店のアウトレットもあるらしいのです。

 ホテルからMRTで台北駅まで移動し、台鐡に乗り換えて「鶯歌」に向かいます。地下のプラットフォームから乗りましたが、直ぐに地上に出て、しばし列車の旅気分。

DSC_0631 (640x320)

 この日、日差しが強くて暑い。陶器街を目指して道なりに歩いていったら、線路から離れてしまい、多分陶器街とは反対方向へ行ってしまいました。ちょうどあったコンビニで道を聞いたら、日本語も英語もまったく通じない。「陶作坊」と書いたノートを見せると分かってくれて、歩いて来た道の反対側を指さしている。お客さんまで巻き込んで口々に「トゥイミェン、トゥイミェン」と聞こえる。アッ、きっと「対面」だ~!謝謝!
 
 道を渡って指さしで教えてもらった方に戻っていったら、小さい看板の小さいお店「陶作坊」がありました。ここは陶器街からは離れているようなので、後になって考えるとたどり着けたのはラッキーだったかも。

 おずおずと中に入りましたが、あまり言葉が通じない。店主らしき女性はほぼ中国語のみ。店員の若い男性が英語を少々。しかし、言葉は通じなくても商売する気は満々です。なんと年末までクリスマスセールで一部商品が特別割引になっているらしく、熱心に割引率の仕組みを説明してくれました。

 並んでいる商品1種類一個買うと〇%、一個ずつでも2種類買うと〇%、3種類買うと〇%と割引率が~~~、あれ?悪くなる・・・と思っていたら、なんと~!掛け率の話でした。日本と言い方が逆なんですね。アウトレットといえど、憧れの如窯シリーズ、どれにするか迷いに迷って買いました。疲れ果てました。

 本当は「鶯歌陶瓷老街」で色々な茶器をみようと思っていたのに、最初から「陶作坊」のセールにハマり、気力、体力を底まで使い切ってしまった私。買い物が苦手な連れ合いも限界で、陶瓷老街にはたどり着かないまま駅に戻りました。

 時間を見ると、3時間も経過していました。クリスマスセールのお陰で素敵な茶器をお財布やさしめで買えましたが、帰りは駅のパン屋で一息入れないと電車にも乗れないほど疲れたことでした。


フォルモサへ:台湾旅行その1

クリスマス前に連れ合いとフォルモサ(麗しの島)台湾に行ってきました。

 秋ごろに年末に旅行に行く話が持ち上がり、連れ合いは台湾に興味があるとのこと。台湾・中国両方に詳しい中国茶教室の友に台北のお薦めホテルなどを教わることができて、11月に入ってから飛行機のチケットとホテルの予約をしました。その後は日常生活でバタバタし、事前準備はできずじまい。12月下旬のある日、とにかく夏の旅支度をして機上の人となったのでした。

 早朝便で朝が早いのは大変だったけれど、上空から雪化粧の富士山がみられたのは僥倖なり♡

DSC_0587 (320x640)

 台北は松山空港に着陸しましたが、そこでいきなり二つほどトラブルにみまわれました。でも、その後はバスの運転手や乗客が大雑把ながら気にかけてくれたり、バス停降りてからは日本語でホテルへの道を教えてくれる人がいたり、連れて行ってくれたりなど、台湾の人々の温かさに助けられてホテルにたどりつきました。

 そして、ホテルの部屋に荷物を置いて身軽になり、フロントで日本語で教わった近くのワンタンメン屋「老虎醤」で腹ごしらえして、やっと人心地ついたのでした。

 今回、無計画ではありましたが、漠然とした希望はありました。私は中国茶器が買いたい、茶藝館に行きたい、という2つ、連れ合いは新幹線に乗りたい、胡弓博物館に行きたいの2つ。日帰りで行きたいところは、九份や高雄などが候補にあがっていました。そういえば、出発前に台中の「宮原眼科」の話も聞いて調味を持ったんだった。さて、どうなるでしょうか。

 まずは茶藝館に行こうと、由緒ある老舗の「紫藤蘆(ツートンルー)」に向かいました。

 さて、台北は街にMRTという地下鉄が網羅されていてとても便利でした。色分けしてある路線は、乗り換えも分かりやすく、サインには英語も完備。その上、台湾の漢字(繁体字)は日本の漢字とほぼ同じ。駅名や乗り換えなど、日本人には一瞬で分かります。乗り換えて「大安森林公園」駅で降りました。駅から地上に上がると広大な大安森林公園の北の端で、そこから南の端まで歩きました。市民の憩いの場らしく、池の周りには望遠レンズでカワセミを待つおじいさん達がいたり、ベンチでお喋りしたりと、思い思いの時間を楽しんでいます。

 公園の端まで来ると大きな交差点に差し掛かります。30年前に1泊滞在した際の台北の記憶は「スクーターがいっぱい!」でしたが、それは今も健在でした。交差点では車の列の前にヘルメット着用率100%のスクーターがいっぱい!そして、滞在半日にして既に親切で優しいと感じる台湾の人々が、スクーターでは爆走するので、そのギャップに戸惑います。

DSC03425 (640x427) (640x427)

 交差点を渡って新生南路をもう少し南に下がれば、右側に紫藤蘆がみえてきます。中に入ると、歴史を感じさせる建物に柔らかい照明、お茶の香りと、落ち着いた佇まい。

DSC03428 (640x427)

 オリジナルの名前が付けられているお茶のメニューをじっくりみて、焙煎してあるものを選ぼうと、木柵鉄観音とプーアール茶を注文。お店の方が支度して淹れてくれました。

DSC03447 (640x427)

 パイナップルケーキやナッツも頼んで、まったりした時間を楽しみました。2煎目からは自分で淹れて、夕暮れていく庭の光を眺めながら2種類のお茶を堪能しました。会計の際には、並べられていた高級茶器を見たり、茶器入れポーチを一つ求めたり。

DSC03440 (1) (427x640)

 さて、紫藤蘆から出ると夕闇に包まれましたが、台湾の夜はまだまだのようです。普通のお店の閉店時間が夜9時とかなんですから。それで、手作り石鹸を求めて東門まで歩きました。東門の駅近くですごい人だかりが出来ているので何だろうと思ったら、今は日本でも小籠包で大人気の鼎泰豊(ディンタイフォン)の順番待ちの人々。恐るべし~。私は、目指した石鹸やさん「阿原(ユアン)」で、月桃の石鹸を購入。うっとりする癒しの香りです。

 そしてMTRで行天宮(シンティエンゴン)駅まで戻り、八方雲集(餃子屋)で水餃子をテイクアウトして部屋で食して爆睡。

 近代的な街並みと昭和感いっぱいな街並みが混在して混沌としているけれど、人は親切で、治安はよさそうで、何となく整理されていて、何となく清潔で、自然にリラックスしてしまう。1時間の時差は誤差のうちで、まったく気になりませんでした。台湾の初日は、そんな風に過ぎたのでした。

キャリア:中華航空
ホテル:Kホテル台北松江
松山空港でレンタルし直したモバイルルーター: Wi-Ho! (5日でNT$795=2860円)
茶藝館:紫藤蘆
公園:大安森林公園
ハーバル手作り石けん:阿原
歩行距離:約11キロ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク